iphone

iPhone / iPod での歌詞とアートワークの表示

 

 

iPhone や iPod は iTunes を通して「歌詞」を登録し、再生中に閲覧することが可能です。

さらに CD ケースのジャケット画像アートワーク)を登録することも可能で、これも再生時に表示させることが出来ます。

 

iPod のアートワークと歌詞

 

しかし単に iPhone / iPod に曲を入れただけだったり、iTunes から購入しただけでは、これらは表示されません。

 

このページでは曲の「歌詞」と「アートワーク」を簡単に検索し、登録し、正常に表示させる方法を解説しています。

 

 

 iTunes で購入した楽曲のアートワーク

 

iTunes で購入した曲のアートワーク(CD ジャケット画像)の入手方法は、とても簡単です。

 

iTunes の「ミュージック」のリストで該当の曲を右クリックし、「アルバムアートワークを入手する」を選択するだけです。

 

アルバムアートワークを入手する

 

これで曲データにアートワーク(ジャケット画像)が追加され、再生時に表示されます。

正常に登録されているか確認したい時は、曲を右クリックして「プロパティ」を選択し、一番右の「アートワーク」のタブを選択して下さい。

 

 

 「アートワーク」の検索/登録方法

 

ここからが本題。

手持ちの CD から取り込むなどして、iTunes での購入以外の方法で入手した楽曲に「アートワーク」を登録する方法です。

 

もっとも一般的な方法は Google などの画像検索で CD ジャケットの画像を探し、気に入ったものを一旦デスクトップなどに保存。

その後、iTunes を起動して曲を再生し、アートワーク表示部を出して先ほどの画像をドラッグ&ドロップ(つかんで移動)します。

 

アートワークのドラッグ&ドロップ

 

しかし一番オススメの方法は、iTunes と連携した専用のソフトを使う事です。

Voralent というメーカーが開発した「Broadway」というフリーソフトがあり、 これを 使うと簡単にアートワークの検索/登録が可能です

このソフトはアートワーク登録の世界的定番であった「voralent invidi」というソフトの後継です。

 

Voralent Broadway は以下のページから入手可能です。

Broadway 公式サイト

Vector

 

インストール後に起動したら、iTunes も起動。

iTunes 側で任意の楽曲を再生すると、自動的に Broadway が連動し、その曲に関連した画像をデータベースから検索して一覧表示してくれます

 

Voralent Broadway

 

あとは気に入った画像を右クリックして「再生中の曲のみに更新登録」を選ぶか、ダブルクリックして拡大表示し、右下の「iTunes に登録」ボタンを押すだけです。

 

iTunes と連動しているので次々と曲を再生していけば、どんどんアートワークを検索/登録していくことができます。

タグ(曲情報)の編集や、歌詞が登録されているなら歌詞の確認も行えます。

 

※2011/8/24(Ver 3.4)以後、Broadwayによる歌詞の検索と登録は出来なくなりました。

 

左上にあるオーディオボタンで、iTunes の曲の再生や曲送りなども可能です。

また右上の歯車のアイコンをタップするとオプションメニューが表示され、ここにある「アートワークがない曲のプレイリストを作成する」を選択すると、iTunes 側に「アートワーク未登録曲」のリストが追加されます。

 

これを利用すると、アートワークがある曲とない曲が混在している時に、ない曲だけをピックアップして画像を追加していくことが出来ます。

リストはアートワーク登録後に削除して構いません。(プレイリストを削除しても元の楽曲ファイルは削除されません)

 

アートワークがない曲のプレイリストを作成する

 

 

 「歌詞」の検索/登録方法

 

念のため先に述べておきますが、歌詞の扱いは著作権的にグレーゾーンであるため個人利用に留めて下さい。

 

「歌詞」の一般的な登録方法は、楽曲ファイルを右クリックして「プロパティ」を選び、タブの中にある「歌詞」を選択、そこに歌詞を入力していくか、歌詞のテキストをコピー&ペーストするかです。

 

歌詞の入力

 

iPhone / iPod touch で曲を再生中は、画面中央部をタップすると歌詞の ON/OFF になります。

 

オススメの歌詞の登録方法は、やはり iTunes と連動したソフトを使うことです。

Lyrics Master」というフリーソフトを使えば、ネットワーク上の様々なデータベースから歌詞を検索し、iTunes で再生中の楽曲ファイルに歌詞を簡単に登録することができます

 

Lyrics Master は以下のページから入手可能です。

Lyrics Master 制作者 公式サイト

Vector (Windows 版)

Vector (Mac 版)

 

インストール後に起動したら、さらに iTunes も起動。

Lyrics Master の「iTunes と連携」のボタンを押して、iTunes 側で任意の楽曲を演奏すると、「自動検索」にチェックが入っていれば自動的に歌詞の検索が行われ「この歌詞を設定してもよろしいですか?」のウィンドウが開きます。

ここで「続ける」を選択すると、その歌詞がファイルへと登録されます。

 

Lyrics Master

 

歌詞の候補が複数ある場合はリストに表示されます。

連続モード」にチェックが入っている場合は、歌詞を登録するとすぐに次の曲の歌詞検索へと移ります。

この時、すでに歌詞が登録されている曲はパスされます

すでに歌詞が登録されている曲を再度検索したい時は、連続モードのチェックを外して、右上にある「検索」のボタンを押して下さい。

 

歌詞の検索は複数の歌詞情報サイトの他に、独自のデータベースやユーザーによる登録サイトなども対象になっています。

そのため一般の歌詞検索では調べ辛い、一般流通外のインディーズ楽曲や、ボーカロイド楽曲なども(有名なものなら)検索/登録することが可能です。

 

 

なお、iPhone / iPod は音楽ファイルの形式が MP3 の場合、楽曲の情報を保存している「ID3タグ」のタグバージョンが v2.2 でないと、歌詞が表示されない問題があります。

しかし Lyrics Master で歌詞を登録した場合、自動的に ID3 タグの変換が行われるのか、登録前のタグバージョンが v2.2 でなくても歌詞は正常に表示されます

 

(ID3 タグが v2.4 や v2.3 の mp3 ファイルに歌詞を登録して、正常表示されることを確認しています。なお、この問題は aac では発生しません)

 

Lyrics Master を使わずに MP3 に歌詞を登録する場合(もしくは登録してもうまくいかない場合)は、ファイルを右クリックして「ID3 タグを変換」を選択し、ID3 タグバージョンを V2.2 にして「OK」を押して下さい。

 

ID3タグ を V2.2 に変換

 

(タグバージョンの変換だけでは iPhone / iPod touch 側のファイルは更新されないようなので、曲の情報も適当に変更しておいて下さい)

 

 

 歌詞が未登録のファイルでの歌詞表示方法

 

歌詞が登録されていない曲ファイルだと、当然歌詞は表示されない訳ですが、iPhone / iPod touch で再生している曲の歌詞をその場で検索して表示するアプリもいくつか存在します。

 

1つは歌詞検索サービスサイト「うたまっぷ」が提供している無料アプリです。

うたまっぷ for iPhone うたまっぷ for iPhone(iTunes 起動)

(iTunes 登録名:歌詞とジャケ写を表示する音楽プレイヤー《うたまっぷ》)

 

iPod で曲を再生し、その後に「うたまっぷ」のアプリを起動して「PLAYER」のアイコンをタップすれば、再生中の曲の歌詞を通信で検索し表示してくれます。

PLAYER」のアイコンを選択した後、画面右上の「曲選択」のボタンを押すと iPod の曲リストが表示されるので、ここから演奏する曲を選ぶ事も出来ます。

 

うたまっぷ for iPhone

 

歌詞のバックにジャケ写も大きく表示されるのが特徴ですね。

歌詞の最後、もしくは歌詞を表示できなかった時に「手動で歌詞を紐付ける」というボタンが表示されますが、これはその曲ファイルから歌詞を正常に検索できない時に、手動検索の結果を表示させるようにするためのものです。

歌詞を楽曲ファイル自体に登録するものではありません。

 

このアプリでは音楽ニュースを表示する「NEWS」や、スケジュールのメモを行える「カレンダー」なども利用することが出来ます。

ブックマーク(お気に入り)登録や視聴履歴などの基本機能も備わっています。

 

フレーズでの検索も出来るので「歌詞は知ってるけど名前が解らない」という曲を調べることも出来ます。

 


 

最後に、お約束として・・・

楽曲ファイルは、著作権を守って使用するようにしましょう!

 

 

SITE PV