iphone

iPhone での歌詞とアートワークの表示

 

 

iPhone(iPad、iPod touch)はパソコンの iTunes を通して「歌詞」を登録し、再生中に閲覧することが出来ます。

さらに CD ケースのジャケット画像アートワーク)を登録することも可能で、これも再生時や楽曲リストに表示させることが出来ます。

 

iPod のアートワークと歌詞

 

しかし単に iPhone に曲を入れただけでは表示されません。

その楽曲ファイルに歌詞とアートワークが登録されている必要があります。

 

このページでは曲の「歌詞」と「アートワーク」を簡単に検索し、登録し、正常に表示させる方法を解説しています。

 

 

 iTunes で購入した楽曲のアートワーク

 

iTunes で購入した曲のアートワーク(CD ジャケット画像)の入手方法は、とても簡単です。

 

iTunes の「ミュージック」のリストで該当の曲を右クリックし、「アルバムアートワークを入手」を選択するだけです。

 

アートワークを入手する

 

 

 「アートワーク」の検索/登録方法

 

ここからが本題。

CD から取り込むなどした、iTunes ストアで購入したもの以外の楽曲に「アートワーク」を登録する方法です。

 

一般的な方法は Google などの画像検索で CD ジャケットの画像を探し、気に入ったものを一旦デスクトップなどに保存。

 

その後、曲を右クリックして「プロパティ」を選び、「アートワーク」のタブを選択、下部にある「アートワークを追加」のボタンを押して下さい。

 

アートワークを追加

 

一番オススメの方法は、iTunes と連携した専用のソフトを使うことです。

 

Voralent というメーカーが開発した「Broadway」というフリーソフトがあり、これを使うと簡単にアートワークの検索/登録が可能です

このソフトはアートワーク登録の世界的定番であった「voralent invidi」というソフトの後継です。

 

Voralent Broadway は以下のページから入手可能です。

Broadway 公式サイト

Vector

 

インストール後に起動したら、iTunes も起動。

iTunes 側で任意の楽曲を再生すると、自動的に Broadway が連動し、その曲に関連した画像をデータベースから検索して一覧表示してくれます

表示されない時は上部の「ARTWORK SEARCH」のタブを押して下さい。

 

Voralent Broadway

 

あとは気に入った画像をクリックして左上にある「+」ボタンを押すだけです。

もしくは画像を右クリックし「選曲中の楽曲にアルバムアートを転送」を選ぶか、ダブルクリックして拡大表示し、右下の「転送」を押して下さい。

 

iTunes と連動しているので次々と曲を再生していけば、どんどんアートワークを検索/登録していくことができます。

タグ(曲情報)の編集や、歌詞が登録されているなら歌詞の確認も行えます。

 

※2011/8(Ver 3.4)以後、Broadway による歌詞登録は出来なくなりました。

 

左上にあるオーディオボタンで、iTunes の曲の再生や曲送りなども可能です。

また「PLAY LIST」のタブを選び、下部の「アートワーク未登録」のボタンを押すと、アートワークがない曲だけをピックアップしてくれます。

 

 

 「歌詞」の検索と登録の方法

 

歌詞の扱いは著作権的にグレーゾーンであるため、個人利用に留めて下さい。

 

「歌詞」の一般的な登録方法は、楽曲ファイルを右クリックして「プロパティ」を選び、タブの中にある「歌詞」を選択。

下部にある「カスタムの歌詞」にチェックを入れて、枠の中に歌詞を入力していくか、歌詞のテキストをコピー&ペーストします。

 

歌詞の入力

 

Tunes ストアで買った曲には歌詞が最初から登録されている場合もあります。

ただし今のところ、一部の洋楽にしか登録されていません。

 

iPhone(iPod touch / iPad)で曲を再生中に歌詞を表示したい時は、画面下部にある曲のタイトルをタップします。

曲が拡大表示されるので、iOS9 ならジャケット画像をタップして下さい。

 

歌詞表示方法

 

iOS10 の場合は、右下にある「・・・」のボタンを押して下さい。

メニューの下部に「歌詞」という項目があります。

 

 

オススメの歌詞登録方法は、iTunes と連動したソフトを使うことです。

Lyrics Master」というフリーソフトを使えば、ネットワーク上の様々なデータベースから歌詞を検索し、iTunes で再生中の楽曲ファイルに簡単に登録することができます

 

Lyrics Master は以下のページから入手可能です。

Lyrics Master 制作者 公式サイト

Vector (Windows 版)

Vector (Mac 版)

 

インストール後に起動したら、さらに iTunes も起動。

Lyrics Master の「iTunes と連携」のボタンを押して、iTunes 側で任意の楽曲を演奏すると、「自動検索」にチェックが入っていれば自動的に歌詞の検索が行われ「この歌詞を設定してもよろしいですか?」のウィンドウが開きます。

ここで「続ける」を選択すると、その歌詞がファイルへと登録されます。

 

Lyrics Master

 

歌詞の候補が複数ある場合はリストに表示されます。

連続モード」にチェックが入っている場合は、歌詞を登録するとすぐに次の曲の歌詞検索へと移ります。

この時、すでに歌詞が登録されている曲はパスされます

 

すでに歌詞が登録されている曲を再度検索したい時は、連続モードのチェックを外し、右上にある「検索」のボタンを押して下さい。

 

歌詞の検索は複数の歌詞情報サイトの他に、独自のデータベースやユーザーによる登録サイトなども対象になっています。

そのため一般の歌詞検索では調べ辛い、一般流通外のインディーズ楽曲や、ボーカロイド楽曲なども(有名なものなら)検索/登録することが可能です。

 

 

 歌詞が未登録のファイルでの歌詞表示方法

 

歌詞が登録されていない曲ファイルだと、当然歌詞は表示されない訳ですが、iPhone / iPod touch で再生している曲の歌詞を検索して表示してくれるアプリもいくつか存在します。

 

1つは歌詞検索サービスサイト「うたまっぷ」が提供している無料アプリです。

 

うたまっぷ for iPhone うたまっぷ(iTunes 起動)

 

曲を再生し、その後に「うたまっぷ」のアプリを起動して「PLAYER」のアイコンをタップすれば、再生中の曲の歌詞をデータベースで検索し表示してくれます。

 

うたまっぷ for iPhone

 

歌詞のバックにジャケット画像も表示されます。

音楽ニュースを表示する機能や、ブックマーク(お気に入り)登録、視聴履歴なども利用できます。

 

またフレーズでの検索も出来るので、「歌詞は知ってるけど名前が解らない」という曲を調べることも出来ます。

 


 

最後に、お約束として・・・

楽曲ファイルは、著作権を守って使用するようにしましょう!

 

 

SITE PV