iphone

Tiny Defense 2 レビュー

Tiny Defense 2Tiny Defense 2
タワーディフェンス(直進型 / PvZ 型)
Picsoft Studio(タイ)
価格 360 円、買い切りアプリ
レビュー公開:2017/8/31
iPhone

真横視点のプラント vs ゾンビ型 TD に続編登場

Plants vs. Zombies(プラント vs ゾンビ)のフォロワー(追従作)として、ロングセラーになっていた直進型のタワーディフェンスTiny Defense」。
動きがカクカクしているなど、やや見劣りする点もありましたが、プラント vs ゾンビの面白さを受け継いだ秀作として知られていました。

その作品に5年以上の時を経て続編が登場しています。
Tiny Defense 2」です。

Tiny Defense 2

基本的にはプラント vs ゾンビ(以下 PvZ)なのですが、真横から見ていて、高さがあるのが特徴。
足場のない場所には飛行ユニットしか配置できません。

敵はゾンビではなくロボ軍団で、こちらもミニボットと呼ばれるロボ兵士。
ユニットの種類はかなり多く、ステージの進行に合わせて新しいものが次々と登場します。
新たな敵と味方がひっきりなしに出てくる面白さも PvZ を踏襲していますね。

価格は 360 円。買い切りゲームなので課金・スタミナ・広告等はありません。
開発はタイのメーカーです。

Tiny Defense 2
Tiny Defense 2

基本的な流れは PvZ と変わりません。
まずは資金(ジェム)を生み出すユニットを配置して、お金を貯めます。
そのお金を使って兵士ユニットを作り、前方から来る敵を迎撃します。

敵は前進してきますが、こちらのユニットは動けません。
しかし好きな場所に配置することができ、攻撃は自動で行われます。
プレイヤーがやることは、出てくるお金の回収とユニット配置のみですね。

各ユニットには攻撃範囲があり、ノーマルの兵士は前方に弾を撃ちますが、真上に強力な攻撃を行うものや、真下に爆撃を行うもの、ナナメにミサイルを飛ばすものもいます。
敵の種類と出現場所に合わせ、適材適所で置いていく必要があります。

破壊しきれなかった敵がこちらのユニットに接近すると、ガンガン殴り始めます。
いずれ味方ユニットは壊されてしまい、そのまま画面右端まで突破されるとライフが減少。
全ライフがなくなるとミスとなり、リトライになります。

PvZ と違って「高さ」の概念があり、足場のある場所には地上ユニットしか、空中には飛行ユニットしか配置できません。
敵も地面を進むものは床がなくなると下に落ちます。

資金を生み出すユニットは足場がないと置けず、飛行ユニットはやや高額なので、その辺のやり繰りが必要。
ゲームが進むと、空中に地上ユニットを置ける土台ロボットも使えるようになります。

Tiny Defense 2 敵のルート変更とその利用
※2つ目のエリアからは障害物が出現、敵はこれを避けたりジャンプして進攻してきます。
しかしそのおかげで障害物の裏が安全になるので、それを利用した配置が有効になります。

Tiny Defense 2 エリア3
※3つ目のエリアにはダメージを受ける電撃ゾーンが登場。
そこにユニットを置くとやられてしまいますが、地雷系ユニットを置けば撤去できます。

ステージをクリアすると報酬を得られます。
報酬は新ユニットか消費アイテム、もしくは「ボルト」で、ボルトはパワーアップの素材。
倒した敵が落とすこともあり、ユニットの強化やライフ最大値アップ、初期資金の増加の他、ピンチの時に発射できるミサイルなどの購入を行えます。

1~3ステージクリアするたびに新ユニットが次から次へと登場するのもこのゲーム(及び PvZ)の特徴。
大抵は「厄介な敵や地形が出現 → その状況に有効なユニットが登場」という流れになっているので、新ユニットが出たらすぐ投入するのが吉。

ただし1つのステージで使えるユニットの種類には上限があるので、増えてきたらどれを使うか開始前に選ばなければなりません。
投入枠を増やすこともできますが、多くのボルトが必要です。

Tiny Defense 2 強化と購入画面
※強化&購入画面。ユニットは配置することで経験値が貯まり、それによってもレベルアップするので、まずは初期資金アップやボルト出現率アップ、そして出撃スロットの増加を優先しましょう。

Tiny Defense 2 ミッション解説
※たまに「ミッション」という特殊ステージが登場します。
これはシューティングゲームになっていたり、ユニットを自由に配置し直せたりする、特別なルールのステージです。
解説は英語ですが、やればすぐに解ります。面倒ならスキップも可能。

前作のカクカク感(フレームレートの低さ)も改善され、特に難点と思える部分のない、相変わらず秀作の PvZ フォロワーです。

アップデートが続いている本家の PvZ 2 と比べると見劣りしますが、あちらが課金型なのに対し、こちらは買い切り。
諸々の課金要素を気にすることなく楽しめます。

あまり大きな変化はありませんが、正統進化と言えるでしょうか。
元々システムが完成されているゲームですから、それで十分面白いですね。
解りやすいルールで難易度も適度、万人に勧められるアプリです。

Tiny Defense 2Tiny Defense 2(App Store へ)

※Youtube 公式 PV

このエントリーをはてなブックマークに追加

同種のアプリのリンク他の PvZ 型タワーディフェンス

関連アプリリンク他のタワーディフェンス

記事ランキング
管理人 Tweet
最新コメント
SITE PV