iphone

テラバトル2 レビュー

テラバトル2 Terra Battle 2テラバトル2(Terra Battle 2)
ソーシャルゲーム パズル RPG
ミストウォーカー / シリコンスタジオ(日本)
本体無料、課金・スタミナ・ガチャあり
レビュー公開:2017/9/27
iPhoneAndroid

FF 開発スタッフによるソシャゲの続編

ファイナルファンタジーの産みの親「坂口博信」さんが率いる、元 FF シリーズの開発スタッフによって作られたソーシャルゲーム「テラバトル」。
話題となったその作品に、続編が登場しています。
テラバトル2」です。

テラバトル2

このゲーム、期待作の1つだったのですが、公開されてからの評価はボロボロ。

★5の評価も少なくないのですが、その3倍近くの★1評価が付いている有様で、App Store のレビューの平均点は 2.0
Google Play でも 2.4 と、見事な低空飛行となっています。

テラバトル2 評価

ゲーム自体は「初代テラバトルの正当進化形」と言えます。
パズドラ風のパーティー編成とコマ移動で「はさみ将棋」をやる感じのシステム。
しかしサウンドや演出などがパワーアップしており、フィールドの移動と、本格的なストーリーが付加されました。

ですがやってみると、低評価になる理由が次から次へと目に付きます。
チュートリアルの説明不足、多すぎる戦闘と長すぎるステージ、離脱確定キャラで延々とやらされる序盤、少なすぎる初期ボリュームなどなど…

よくまあ、ここまで批判要因を連発したなと思ってしまいます。
世界観や雰囲気には魅力がありますが、子供ウケはしそうにありません。
私的には嫌いでは無いんですけどね…

ソーシャルゲームですからアプリ本体は無料。しかし課金・スタミナ・ガチャがあります。
一応、無課金でも序盤は問題なく進めます。
というか現時点(2017/9)では、その「序盤しか」ありません…

テラバトル2

バトルが始まると、横6マス、縦8マスのボードが現れ、敵と味方のコマが配置されます。
味方のコマの1つを動かして、敵のコマを味方で挟むとダメージを与えられます。

コマは時間内なら、どれだけ動かしても構いません。
そして他のコマの上を通過すると、そのコマの位置が1マスずれます。
これを利用して、直接動かしていないコマも間接的に移動させることができます。
この辺りの操作ルールは パズドラ と似ています。

コマの移動を終えると、挟んでいる敵がいるなら攻撃が行われ、キャラの持つ「スキル」も一定確率で発動します。
さらに挟んでいる味方の縦横のライン上に別の味方がいる場合、そのキャラも攻撃に参加して、スキルも使います。

よってただ挟むだけでなく、連携攻撃できる位置に味方を移動させ、できれば多くの敵を一列に並べ、そのうえで挟めば、多数の敵に大ダメージを与えて一網打尽にすることができます。
この並べ方、コマの動かし方を考えながらプレイするのが面白さと言えます。

しかし1つ目の問題は、この連携周りのシステムの説明不足。
ゲームの最初に簡単に説明されますが、すごくアッサリしたもので、「あぁ、敵を挟めば良いんだな」ぐらいしか思わず本編に入ってしまう。

敵と味方の位置を調整し、連携を使って敵を倒すのが楽しさなのに、前作の経験者の私でさえ、そのことを思い出さずにスタートしてしまったぐらい。
おまけに当面は敵が弱いので、連携や並べ方を考えなくても楽勝で進めてしまう。
これではなかなか面白さなんて解りません。

テラバトル2 バトル画面
※左の画像は2ヶ所で敵を挟んでいて、上のキャラと下のキャラは同じ列にいます。
この場合、各キャラの攻撃とスキルが発動します。
ただし中央にいる赤い味方は縦横のラインから外れているので、攻撃に参加しません。
赤の枠と紫の枠の敵がいますが、紫の枠の敵はぶつかっても動かせません。
攻撃前には右の画像のように、参加キャラのカットインが表示されます。

テラバトル2 キャラ編成画面
※今作は「キャラクター」と「守護者」のセットで1つのユニットです。
キャラクターはストーリーの進行によって変わります。
守護者はガチャで得るもので、レベルがあり、使用スキルに関わり、付け替え可能です。
守護者がいない場合、そのキャラ固有の「魂」がその変わりとなります。
魂にもスキルがあり、キャラクター「ネネ」の魂は回復を持つため、他に回復できる守護者がいないならヘタに変えない方が良いです。
スキルの攻撃範囲は武器によって変わります。ただしスキルには「MEGA」や「GIGA」などの種類があり、MEGA のスキル範囲を拡大する装備を付けても、GIGA のスキルの範囲は広がりません。

そしてストーリーステージが、これでもかと言うぐらい長い。

今回はフィールドマップが存在し一定時間コマをスライド移動させるのを繰り返しながら進んでいきます。

しかし敵がかなり多く、しかもどんどん出てくる。
さらに移動した後は敵のターンになり、向こうからも襲いかかってきます。

よってターン毎に戦闘になるのですが、各所に点在するアイテムを集めながら進んでいると、もう 10 や 20、さらにそれ以上の戦闘回数を1つのステージで繰り返すことになります。
ソシャゲでこれは多すぎる。

App Store や Google Play のレビューには「テンポが悪い」という意見が多く見られますが、バトル自体はサクサク進み、動きが鈍いこともありません。
しかしこの「テンポが悪い」というのは「戦闘が多すぎることによる進行の遅さ」のことだと思われ、それはもうウンザリするほど感じます。

しかも最初は固定のキャラクター4人でプレイしますが、ソーシャルゲームの初期キャラなんてガチャで良いキャラを引いたら使わなくなることが解っています。
加えてこの4人は、オープニングムービーの時点で早々に離脱することが示唆されています。

つまり育てても意味がないのですが、その意味がないキャラでメチャ長いステージを2つもやらされます。
これはもう、ソーシャルゲームとしては苦痛です。

テラバトル2 フィールド画面
※左はフィールド移動シーン。移動後に枠内に入っている敵と戦闘になります。
やり過ごしても敵は追いかけてくるので、戦闘を完全に回避するのは無理。
ステージ開始前に普通にプレイするか、適正レベルでプレイするかを選べ、適性にすると得られるアイテムと報酬が良くなりますが、ますます時間がかかります。
右は進行の合間に出てくるストーリーシーン。イラスト調の絵柄は良いのですが…

メインと言えるキャラクターが登場し、ゲームが本格的に動くのは3章から。
ガチャもここから行えるようになります。

しかしこの3章がまたシンドイ。
何度も戦闘を繰り返し、やっと奥にいるボスを倒したと思ったら、そのボスがなんと追加で3体出てくる。
それを何とか倒したら、また2体出てくる。
それを倒したら、また1体出てくる。
それを倒してやっと終わりかと思ったら、再び数体+大ボスが出てくる。

私はこの時点でウンザリしてやめました。
時間も1時間以上経っていて、これがソシャゲですよ?

まあ途中でリタイアしても経験値やアイテムは持って帰れるし、再スタートすると前回倒した分だけボスが減っていて、クリアしやすくなってはいたのですが、しかし「どこまでプレイヤーをいじめれば気が済むんだ」と思いましたね。

そして第3章が終わって、第4章が始まるかと思ったら、「予告」が。
なんと第4章はまだ導入されておらず、アップデート待ちです。

いやいや、本格スタートしてまだ1面しか終わってないでしょ。
ガチャもさっき引いたばっかでしょ。
物語もプロローグが終わっただけでしょ。

FFL 時空ノ水晶MOBIUS FINAL FANTASY など、すぐアップデート待ちになっていたソシャゲが早々にユーザー離れを起こし、初動で苦戦したのを反省して、昨今のソシャゲは最初から相応のボリュームを用意しているのが普通ですが、今になってまたコレですか…
※ストーリーは1週間に1章ずつ公開される予定のようです。

手軽なバトルを繰り返す「クエスト」もありますが、これにはストーリーはなく、同じバトルで素材集めや経験値稼ぎをするだけのモードだし、未完成感は否めません。

テラバトル2 ボス戦と予告
※左はボス戦。ボスは行動パターンや攻撃方向が決まっています。
例えば2章のボスは縦攻撃と横攻撃を繰り返すので、攻撃の来ない方向に移動しながら戦えばノーダメージで勝つことができます。
そして右は、三章終了後の予告。 そりゃ確かに1ステージが長いから、プレイ時間はそこそこあったけど、にしても初期ボリューム少なすぎる…

テラバトル2 メニューと共闘バトル
※左はメニュー画面。 こんな状態でストーリーが進まないので、やることはクエストでひたすら経験値稼ぎ&進化素材集めになります。ソシャゲらしいと言えばソシャゲらしい。
上級ステージでも攻撃力の高い助っ人を連れて行けば戦えるので、助っ人頼りでレベル上げをしましょう。
装備にもレベルがあり、これは連携に参加することで上がっていきます。
右は共闘バトル。10人のプレイヤーで協力してボスを倒しますが、強い人がフルボッコにしてくれるので、すぐ片付きます。

現時点(2017/9)ではバグも散見され、これはもう低評価になるのも致し方ないところ。
ただ、私はそんなに嫌いなゲームではないですね。

とにかく雰囲気が良いです。
時流に媚びないキャラデザインやストーリーが良く、なによりサウンドが素晴らしい。
特に前作で好評だった、なんと言っているのか解らないボーカル入りの BGM が、ゴージャスな音質のリミックスバージョンになって再収録されている点は私的にポイント高いです。

でも雰囲気やキャラデザ、サウンドも含め、全体的に大人向け
巷では「ガチャができるまでが遅いからリセマラできない」という不満意見も多く、この辺の低年齢層のソシャゲユーザーの不評も、あの評価点に繋がっていると思われます。
あと、ソシャゲパズル RPG は今さら感もあるかな…

以前からミストウォーカーの作品は、シニアでレジェンドな皆さんが内輪で作りたいものを作っている印象がありました。
その良し悪しの部分が、今作は再び強く出ている印象です。

しかしちょっと大人で独特な雰囲気のソーシャルゲームとして、魅力のある作品だとは思います。
前作を長く遊んでいた方なら、今作も(序盤を我慢すれば)楽しむことができるでしょう。

でも始めるのは、もうちょっと改善され、ボリュームが増えてからでも遅くはない気がしますね…

テラバトル2テラバトル2(iPhone 版、App Store)

テラバトル2(Android 版、Google Play へ)

※Youtube 公式 PV

このエントリーをはてなブックマークに追加

同種のアプリのリンク関連作品リンク

記事ランキング
管理人 Tweet
最新コメント
SITE PV