iphone

ソリティアシティ(Solitaire City)
Klondike(クロンダイク)、Spiderette

 

Solitaire City Solitaire City(ソリティアシティ)


 

このページでは、ソリティアシティ(Solitaire City)の Lite(無料版)Classic(115円版)に収録されているゲームのルール解説を行っています。

 

ゲームは「Klondike(クロンダイク)」と「Spiderette」の2種類です。

(Double Klondike はクロンダイクのカードが増えたバージョンなので、ルールはクロンダイクと同様です)

 

Klondike(クロンダイク)

Double Klondike(ダブルクロンダイク)

Spiderette

 

デラックスでのみプレイ出来るゲームは別のページで解説しています。

 

 Klondike(クロンダイク)

 

Solitaire City Classic Solitaire City Deluxe Classic と Deluxe でプレイ可能

 

俗に言う「ソリティア」は、この「Klondike(クロンダイク)」の事を指します。

クロンダイクはソリティア(1人用トランプゲーム)の代表格と言え、他の多くのゲームのベースになっています。

Windows に入っている「ソリティア」も、このクロンダイクです。

一番メジャーなだけあって、人気もソリティアの中で一番ですね。

 

通常のクロンダイクは Lite(無料版)ではプレイする事が出来ません。

しかしこれが「基本ルール」なので、最初に解説いたします。

 

Klondike(クロンダイク)のルールは以下の通りです。

 

 

ソリティアシティの Klondike には以下の6つのルールがあります。

(ルールの並び順番が Classic と Deluxe で異なっていますので注意して下さい)

 

 

※ デラックス版には上記のルールそれぞれに、「組札に移したカードを場に戻せるルール(Drag Partial Columns)」が加わったものが用意されています。

デラックスの Rule 7~12 は、1~6 にそれを加えたものです。

 

クロンダイク(及びクロンダイク系ソリティア)の基本攻略は以下の通りです。

 

 

 

 Double Klondike(ダブルクロンダイク)

 

Solitaire City Lite Solitaire City Classic Solitaire City Deluxe 全バージョンでプレイ可能

 

Klondike(クロンダイク)のカードが倍になったバージョンです。

列の数は7列から9列に増えています。

ただ、他は通常の Klondike(クロンダイク)と同じなので、別のゲームと言うよりクロンダイクの大型版という感じですね。

 

しかし通常のクロンダイクよりボリュームがあって、やり応えがあります。

クロンダイクに慣れた人が、よりゲームを楽しみたいなら、このダブルの方がオススメです。

 

Double Klondike(ダブルクロンダイク)のルールは Klondike(クロンダイク)とほぼ同じなので、ここでは違う点だけ表記します。

 

 

ソリティアシティの Double Klondike には以下の3つのルールがあります。

 

 

 

 Spiderette

 

Solitaire City Lite Solitaire City Deluxe Lite(無料版)と Deluxe でプレイ可能

 

Spider(スパイダー)」と言うソリティアと、Klondike(クロンダイク)を合わせたようなゲームが、この「Spiderette」です。

 

クロンダイクと大きく違う点は、組札に1枚ずつカードを移動させるのではなく、場にある状態でA~Kの 13 枚のカードを並べていく点にあります。

13 枚のカードを並べると、まとめて組札に移されます。

 

Rule1(Easy)の Spiderette はクリアしやすいので、ソリティア初心者の方にもオススメ出来ます。

無料版に Spiderette が含められているのは、そのためなのかもしれません。

 

Spiderette のルールは以下の通りです。

 

 

ソリティアシティの Spiderette には以下の3つのルールがあります。

 

 


 

Puzzle QuestSolitaire City Page 2/4

アプリ詳細を表示(iTunes が起動します)

 

SITE PV