iphone

iPhone のバックアップと新機種への移行
(iPhone:PC と iCloud 関連の問題)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

iPhone バックアップ新機種を買ったけどデータを移行する方法は?

サイレントまずは旧機種をバックアップしましょう

 

新機種に移行したり、トラブルが起こった時のために、バックアップを取っておくと安心です。

バックアップとはデータを保存しておくことで、iCloud で行う方法と、パソコンの iTunes で行う方法があります。

 

iCloud とは、Apple 社のコンピューター(ネットワーク上のサーバー)にデータを保存することです。

パソコンがなくても行えますが、その iPhone が Wi-Fi に接続されている必要があります。

 

実行は「設定」アプリの「iCloud」を選び、「バックアップ」を選択します。

そして「iCloud バックアップ」をオンにして下さい。

 

iCloud でのバックアップ

 

これで適当なタイミングで、自動で定期的にバックアップされるようになります。

バックアップは以下の状態の時に行われます。

 

 

使っていない時間帯を狙って自動でバックアップしてくれますが、すぐにバックアップしたい時は「今すぐバックアップを作成」のボタンを押して下さい。

 

 

パソコンにバックアップする場合は、iTunes を起動したパソコンにその iPhone を繋げて下さい。

そしてバックアップの項目で「このコンピュータ」を選び「今すぐバックアップ」のボタンを押します。

 

パソコンでの iPhone バックアップ

 

パソコンの iTunes でバックアップする場合「iPhone のバックアップを暗号化」を選べます。

これにチェックを入れておくと、メールアカウントや公衆 Wi-Fi の利用記録、健康関連のデータ、アプリのパスワードなども保存できます。

 

ただしパスワードを設定する必要があり、復元する際にはそのパスワードが必要になります。

忘れてしまうと復元できないので注意して下さい。

Apple ID のパスワードとは別のものです。

 

 

iCloud へのバックアップの場合、音楽やアプリは保存されません。

ゲームのセーブデータ等を含む、アプリのデータは保存 / 復元されますが、アプリ自体は復元後に再ダウンロードされます。

音楽は復元されず、iTunes のストアから無料で再ダウンロードできますが、iTunes で買ったものではない音楽ファイルは消えるので注意して下さい。

 

パソコンへのバックアップの場合は、音楽やアプリなども含め、すべてのデータがバックアップ&復元されます。

よってパソコンがあるならそちらの方がオススメです。

 

 

新しい機種へのデータの移行は、以前の機種をバックアップした後、新しい iPhone の初回起動時に出てくる設定で「iCloud バックアップで復元」もしくは「iTunes バックアップから復元」を選べば行えます。

 

バックアップから復元

 

バックアップとデータの復元については、以下のページも参考にして下さい。

古い本体からデータを移行する方法

 


 

iCloudPC 用 iTunes と iCloud の疑問&問題

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV