iphone

iPhone を落とした / 忘れた時の対処法
(iPhone:物理的な故障や修理)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

iPhone を探すiPhone 落とした!勝手に使われたらヤバい!

回答「iPhone を探す」機能で紛失モードにできます

 

もし iPhone をどこかに忘れた、落としたという場合、「iPhone を探す」の機能がオンなら、その所在を確認し、さらにパスワードロックや連絡先の表示、データの削除などを行えます。

 

他の iPhone や iPad の「iPhone を探す」アプリを起動するか、パソコンの iCloud ページ にアクセスして、無くした iPhone の Apple ID とパスワードでサインインします。

 

そして無くした機種が表示されたらタップして、下部にある「アクション」を押し「紛失モード」を選択して下さい。

無くした機種にパスコードロックがかかっていない場合は、ロックのパスコードも入力します。 コードは忘れないように。

 

その後、画面に表示する連絡先の電話番号と、メッセージを入力します。

以上を終えると、その iPhone はロックされ、画面には連絡文が表示されます。

 

iPhone を探す、紛失モード

 

無事にその iPhone が手元に戻り、ロックを解除すると、紛失モードは自動的に OFF になります。

 

なお、紛失モード中は Apple Pay は無効となります。

よってその iPhone で Suica や電子決済を使われる心配はありません。

 

もし手元に戻りそうにない場合は、「iPhone を探す」機能を通して、その iPhone のデータを消去(初期化)することも出来ます。

初期化してしまっても、データをバックアップしていたのなら、それを使って復元することが可能です。

この初期化方法は、パスコードを忘れた時 にも使用されます。

 

「iPhone を探す」を無効化している iPhone を無くしてしまった時は・・・

Apple ID のアカウントページ にサインインし、Apple ID のパスワードを変更して下さい。

これで無くした iPhone で iCloud や iTunes を利用する事はできなくなります。

 

その後は無くしたと思う場所を探したり、警察などに届けることになりますが、そうならないよう「iPhone を探す」はオンにしておきましょう。

 


 

アプリ関連トラブル故障、物理的トラブルの関連ページ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV