iphone

60fps や 4K の動画を撮影する(iOS9)
(新 iOS の機能の使い方)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

写真超滑らか(60 fps)な動画を撮る方法は?

サイレント設定アプリで変更しておく必要があります

 

iPhone 6 以降の iPhone は「60 fps」の動画撮影に対応しています。

「fps」とは1秒あたりのコマ数のことで、30 fps なら秒間 30 コマ、60 fps なら秒間 60 コマの映像になります。 もちろん後者の方が滑らかです。

 

また、iPhone 6s 以降は 4K 画質での動画撮影も行うことが出来ます。

 

しかし初期設定は 1080p(フル HD 画質)の 30 fps になっています。

これは画質が良く、滑らかなほど、ファイルサイズが増大してしまうからです。

 

もし高画質や高 fps の画像を取りたい時は、設定アプリの「写真とカメラ」を選んで、カメラのところにある「ビデオ撮影」を変更して下さい。

 

iPhone のビデオ撮影の fps 変更

 

秒間 60 コマにしたい時は「1080p HD/60 fps」を選択。

対応機種で 4K 動画を撮りたい時は「4K/30 fps」を選びます。

まだ「4K/60 fps」を選べる機種はありません。(iPhone 7 でも未対応)

 

ファイルサイズは 720p HD/30 fps を基準として考えると、1080p HD/30 fps で約2倍、1080p HD/60 fps で約3倍、4K/30 fps だと約6倍になります。

 


 

最新 iOS の機能と使い方

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV