iphone

充電ができない!
(iPhone:物理的な故障や修理)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

iPhone Stop急に充電できなくなった! 原因は?

サイレントまずコードやコンセントを確認。本体の故障も

 

iPhone のケーブル差し込み口(コネクタ)は損傷しやすい部分です。

 

充電できなくなる原因は、コネクタやケーブルの損傷の他に、水が入ることで故障してしまう、非公認のコードやコンセントを使って過電流によってショートした、などが考えられます。

 

まずはケーブル(Lightning ケーブル)が断線していないか確認しましょう。

ケーブルは抜き差しを繰り返すものですから、根元が切れる場合があります。

 

Lightning ケーブルは出来るだけ公認のものを使いましょう。

Apple の公認は「MFi認証」(Made For iPhone)と呼ばれ、以下のマークが付いています。

 

MFi認証

 

この認証を受けるには Apple にライセンス料を支払う必要があるため、未認可の製品も多く出回っています。

しかし非公認の粗悪品を使うと、過電流で Lightning を制御する電子部品が壊れることがあり、よくある iPhone の故障原因になっています。

Apple 純正品か、大手メーカー製のものがやはり安心です。

 

また、濡れた状態でケーブルを挿しても過電流が発生することがあります。

特に雨の日などは注意して下さい。 多湿による結露にも注意です。

 

コネクタが損傷してしまうと充電だけでなく、ケーブルを使ってパソコンと接続することも出来なくなります。

 

Lightning コネクタ

 

もし複数のケーブルを使っても充電できない場合は、コネクタ部分の損傷なので、修理に出さなければなりません。

 

公認の修理サポートの場合、このケースは本体の交換になる場合が多いです。

非正規の修理店で直せるかどうかは、そのお店次第です。

 


 

アプリ関連トラブル故障、物理的トラブルの関連ページ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV