iphone

低電力モードとは(iOS9)
(新 iOS の機能の使い方)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

バッテリー低電力モードってどうやるの? 解除方法は?

サイレント設定の「バッテリー」で ON/OFF できます

 

iOS9 以降、電力の消費を抑える「低電力モード」が追加されました。

これを ON にしておくと、一部の機能の使用を控えて節電を行うようになります。

具体的には、以下のような制限が行われます。

 

 

低電力モードは設定の「バッテリー」で ON / OFF 出来ますが、バッテリー残量が 20 %を切った時にも低電力モードにするかどうかの表示が現れます。

 

低電力モード

 

低電力モード中は電池のマークが黄色になり、バッテリーの残量が必ず数値で表示されるようになります。

 

設定の「バッテリー」にある低電力モードのスイッチをオフにするか、充電してバッテリー残量が 80 %を越えると解除されます。

 

ただし、自分で設定アプリの低電力モードのスイッチを ON にしていた場合(バッテリーが残り 20 %を切った時に表示されるウィンドウから低電力モードを ON にしたのではない場合)、充電されても低電力モードは自動解除されません。

 

どのぐらいの効果があるかは機種や使用状況によりますが、約5%ほど駆動時間が延びると言われています。

バッテリーがフルの状態からゼロになるまで 30 時間とした場合、最初から低電力モードにしていれば 1.5 時間ほど延びる計算になります。

 


 

最新 iOS の機能と使い方

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV