iphone

iPhone / iPod touch / iPad の基本操作

 

 

ここでは、iPhone / iPad や iPod touch の基本的な操作方法を説明しています。

 

iPhone には意外に知られていない操作方法もあります。

スマホを使い始めたばかりの方は、参考にしてみて下さい。

 


 

まずは基本操作。

 

●タップ

画面の任意の場所をポンと押す事を「タップ」と言います。

選択や決定などに使用します。

 

タップ

 

ホーム画面で、下の方にある「・・・・」の所の右側をタップするとホーム画面が右ページに、左側をタップするとホーム画面が左ページに移動します。

 

ウェブサイト閲覧中はリンク先などに移動できます。

また、サイト閲覧中に画面上部(時間などが表示されている部分)をタップするとページの最上部まですぐに移動できます。

 

写真や画像の閲覧中は、画面をタップするとメニューの ON/OFF になります。

iPod で音楽や動画を再生している時にタップすると、歌詞が登録されている場合はそれが表示されます。

 

●ダブルタップ

画面の任意の場所をポンポンと2回押す事です。

 

ダブルタップ

 

サイト閲覧中の場合、その場所が拡大表示されます。

文章ならその文章の書かれている枠を、画像ならその画像を、画面いっぱいに合わせて拡大・調整します。

また、ダブルタップした場所が中央に移動します。

 

写真の閲覧中の場合は、ダブルタップした場所を中心に拡大します。

もう一度ダブルタップすると元の縮尺に戻ります。

 

アプリによっては、ダブルタップで1段階拡大し、二本指のタップで1段階縮小するという操作になっている場合もあります。

 

●ドラッグ

画面を押しっぱなしにしたまま、指をスライドさせる事です。

移動などに使用します。

Android では「スワイプ」(Swipe)と呼称していたため、こちらの呼び名を使っている方も多いです。

 

ドラッグ

 

ホーム画面でドラッグ(スワイプ)すると、その方向にページを移動させます。

 

サイトや写真の閲覧中の場合は、画面をスクロール(移動)させます。

 

ホーム画面で下にドラッグすると「検索窓」が表示されます。

(iOS6 以前の場合は一番左のホーム画面でさらに右にドラッグします)

これで見当たらないアプリの名前やメモ、メールの名前、本文の一部などを入力すると、該当のものを一覧表示してくれます。

 

また最上部を下にドラッグすると「通知センター」が表示されます。

ここにはメールやツイッター、アプリからのお知らせなどが記録されており、いつでも確認する事が出来ます。

アプリの実行中でも最上部を下にドラッグすると「つまみ」が現れ、それを降ろすことで通知センターが出て来ます。

 

さらに最下部を上にドラッグすると「コントロールセンター」が表示されます。

(iOS6 以前にはコントロールセンターはありません)

 

コントロールセンター

 

通信や画面回転の ON/OFF、iPod(音楽)の再生などをここで行えます。

タイマーや懐中電灯、電卓やカメラの起動も行えます。

このコントロールセンターは、iPhone をロック中でも呼び出せます。

 

アイコンなどを掴んで、任意の場所に移動させることを「ドラッグ&ドロップ」、もしくは単に「ドロップ」と言います。

 

●フリック

指を「はらう」ように、スライドしてすぐ離すことです。
指をサッと動かすことを言います。

 

フリック

 

ホーム画面でフリックするとその方向にページが素早く移動します。

サイトや写真の閲覧中の場合、画面が高速でスクロールします。

 

Android の「スワイプ」は、元々は指を押しっぱなしにしたまま動かすことの総称だったようで、フリックもスワイプと呼ぶ場合があります。
ただ、最近は Android でも「フリック」という呼び名が定着しています。

 

●ピンチ操作(ピンチイン、ピンチアウト)

2本の指で画面を押さえ、摘むように指を近づける事をピンチイン、逆に指を遠ざけていくのをピンチアウトと言います。

 

ピンチインピンチアウト

 

サイトや写真を閲覧中の場合、ピンチインで縮小、ピンチアウトで拡大できます。

地図アプリの多くも、ピンチ操作で拡大と縮小を行えます。

 

●ホールド

iPhone の公式の操作方法にはありませんが、押しっぱなしにする事を一般的に「ホールド」と呼びます。

タップ&ホールド」や「ロングタッチ」と呼ぶこともあります。

 

ホールド

 

 

ホーム画面でアイコンをホールドする(指で押し続ける)と、アイコンがプルプル揺れるようになります。

この状態でアイコンをドラッグする事で並べ替えを行う事が出来ます。

 

また、アイコンに付いている「×」の部分をタップすると、そのアプリを削除することが可能です。

この並べ替えモードはホームボタンを押す事で解除されます。

 

アイコンの並べ替えの時に、アイコンの上にアイコンを重ねると、その2つのアイコンを入れた「フォルダ」を作る事が出来ます。

 

iPhone のフォルダ管理

 

 

ウェブサイトやメモを閲覧中に文字をホールドすると、その文章のコピーを行えます。

コピーした文章は、入力欄をタップする事で「ペースト(貼り付け)」する事ができます。

また「辞書」を選ぶと、内蔵辞書でその単語の意味を調べる事ができます。

「ユーザー辞書」は単語登録を行います。

 

画像をホールドした時は、その画像のコピーや保存を行えます。

 

リンク部分をタップするとリンク先に移動しますが、ホールドした場合はそのまま移動するか、新しいウィンドウを開いて移動するかを選択可能です。

 


 

続いて本体に付いているボタンの説明をしましょう。

※下図は iPhone 4 のものです。 機種によってボタン位置は異なります。

 

iPhone ボタン

 

■スリープボタン(電源ボタン)

本体上部右上のボタン。「電源ボタン」と言った方が解りやすいでしょう。

 

押すと iPhone がスリープ状態、つまり画面が消えている状態になります。

曲を再生中の場合は、スリープしても曲は流れ続けます。

 

4秒ほど押しっぱなしにすると、電源をオフにするスライドバーが表示され、電源を完全に切ることが出来ます。

 

iPhone / iPad / iPod touch 電源オフ

 

電源を完全に切ると電話やメールの着信は行えませんので注意して下さい。

電源を切っている状態の時に3秒ほど押しっぱなしにすると、電源をオンにすることが出来ます。

 

※勘違いしている人が多いのですが「スリープ」と「電源を切る」は違います。

スリープはただ画面が消えているだけの状態です。

iPhone や iPad、iPod touch における「本体の再起動」とは、完全に電源を切ってから、再び入れ直すことを指します。

 

電源が入っている状態で、スリープボタンとホームボタンを両方長く押し続けていると本体が「強制再起動」されます。

(この方法だと iPhone がフリーズしていても再起動可能ですが、復帰までの時間が長めにかかります)

 

再起動中はアップルのリンゴマークが表示されます。

動作が不安定な時や、アプリが正常に動作しない場合は、この本体の再起動で治る場合が多いです。

 

電話がかかって来た時は、スリープボタンを押すと呼び出し音が消えます

さらにもう一度押すと留守番電話サービスにすぐに転送します。

(着信後 20 秒(初期設定時)経っても、留守番電話に転送されます)

 

なお、ロック画面の右下にはカメラボタンが付いていて、これを上にフリックするとすぐに内蔵カメラを起動することができます。

音楽再生中の場合、スリープ画面にはジャケット画像と、再生 / 停止ボタンが表示されます。

 

■ホームボタン

本体の下部にある丸いボタンです。

主にアプリ起動中に、それを終了してホーム画面に戻る時に使います

 

ホーム画面表示時に押すと、ホーム画面の1ページ目に移動します。

 

ホームボタンを2度押すと「マルチタスク」が開きます。

アプリ使用中にホームボタンを押しても、そのアプリの状態は「マルチタスク」に保持されています

再び起動する時(マルチタスクから復帰させる時)は短時間で再表示できます。

 

もしマルチタスクからアプリを消して、完全にアプリを止めたい時は、マルチタスクに表示されている縮小画像を上にスライドして下さい。


マルチタスク

 

ホームボタンを長押しすると「Siri」と呼ばれる音声コントロールが起動します。

ここでは音声で、様々な命令を実行させることが出来ます。

 

電話がかかって来た時にホームボタンを押すと呼び出し音を消します。

さらにもう一度押すと留守番電話サービスにすぐに転送します。

(スリープボタンと同様です)

 

どんな時でも、スリープボタン(電源ボタン)を押しながらホームボタンを押すとその時に表示されている画面のスクリーンショット(画像)が保存されます。

保存された画像は写真のリスト(カメラロール)から閲覧できます。

 

指紋認証搭載機種の場合、このホームボタンが指紋認証ボタンになっています

認証を行う際には、登録した指でボタンに触れてください。

 

■サウンドオン/オフボタン

本体の左上側面にある小さなボタン。

スライドしてスピーカーのオン/オフが出来ます。

スピーカーオフは、日本で言うところの「マナーモード」です。

マナーモード中でも耳にあてての通話や、イヤホンによる音楽再生は可能です。

電話が来るとバイブレーション(振動)で伝えられます。

 

なお iPad の場合は「設定」の「一般」で、このボタンをサウンドのオン/オフにするか、画面のロック(回転機能のオフ)にするかを選択出来ます。

(ただしこのボタンがない iPad もあります)

 

■音量調整ボタン

名前の通りです。 音量を調整できます。

ホーム画面の時は着信音の調整を、通話中は通話音量の調整を行えます。

アプリ起動中はそのアプリの音量を調整します。

 

内蔵のカメラアプリを使う場合、iPhone を横向きに構えた時に、音量の+ボタンをシャッターボタンの代わりにすることが出来ます。

 

 

SITE PV