iphone

iPhone / iPad のトラブル対処法
本体再起動について

 

 

ここは iPhone / iPad トラブル対処法の1ページです。

ここでは「本体の再起動」について解説しています。

 

スマホやタブレットの本体再起動は、トラブルの解消にもっとも有効な手段の1つであり、問題発生時には最初に試すべきものです。

よって個別にページを設けて説明しています。

 

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

 

本体再起動の方法と概要

 

iPhone 再起動「本体再起動」ってなに?

 

「本体再起動」とは、電源を一度完全に切って入れ直すことです。
これにより iPhone や iPad、その他のスマホのトラブルの多くが改善されます。

 

動きが鈍い、反応しない、アプリが正常に動作しないなど、様々が症状が解決する可能性があるため、何かあったらまずは再起動を試してみましょう。

これはスマホを使う上での常識です。

 

iPhone / iPad / iPod touch の本体再起動の方法は以下の通りです。

 

  1. スリープボタン(電源ボタン)をしばらく押しっぱなしにする。
    iPhone スリープボタン
  2. 「スライドで電源オフ」と書かれたスイッチが表示される。
    電源マークの部分を右にスライドする。
    再起動 スライドで電源オフ
  3. 画面が真っ暗になり、中央に風車のマークが表示される。
    そのマークが消えると完全に電源が切れる。
    iPhone 風車マーク
  4. 再び電源ボタンをしばらく押しっぱなしにする。
    iPhone / iPad が起動し始める。
    起動中は画面にアップルマークが表示される。
    iPhone 再起動中
  5. しばらく待ち、iPhone のロック画面が出てきたら再起動完了。

 

再起動後の最初のロック解除にはパスコードの入力が必要です。

Touch ID(指紋認証)では解除できません。

 

 

iPhone 再起動強制的に再起動する方法は?

 

通常はスリープボタン(電源ボタン)を押しっぱなしにすれば再起動できますが、iPhone がフリーズしていて再起動できない場合もあります。

 

この時でも、スリープボタン(電源ボタン)とホームボタンを両方ともしばらく押しっぱなしにすることで、強制的に再起動することができます。

(iPhone 7 以外の場合)

 

 スリープボタン&ホームボタン

※スリープボタンの位置は、機種によっては本体上部にあります。

 

iPhone 7 は強制再起動の方法が変わりました。

ボリュームを下げるボタンと、スリープボタンを押しっぱなしにして下さい。

 

iPhone 7 の強制再起動

 

強制再起動は電源が切れた後、再度入れ直す必要はありません。

自動的に起動し直されます。

 

通常の再起動はデータの保存処理などを行ってから本体の電源を切りますが、強制再起動はそうした準備を行わずに強制的に電源を切って入れ直します。

よって作業中のデータが残っていないこともあり得ます。

 

Apple の公式サイトでも強制再起動は「最後の手段」とされています。

ますは通常の再起動を試してみましょう。

 

※なお、強制再起動を「リセット」と呼んでいる場合もありますが、公式な呼称ではなく、iPhone のリセットは本来「設定の初期化」の意味で使われています。

 

 

iPhone 再起動再起動と「スリープ」って何が違うの?

 

スリープボタン(電源ボタン)を押すと iPhone や iPad は画面が暗くなります。

しかしこれは暗くなっているだけで、内部では動き続けています。

よってその前の状態は保持されていて、トラブルが発生している場合、その状態もそのままです。

 

本体再起動は完全に「電源を切って」から入れ直すため、それ以前の状態はクリアされます。

内部で動いていたアプリは全て終了し、一時的にデータが保存される「メモリ」の中身も消去されます。

 

これによりアプリやシステムの誤作動、メモリ不足により誘発されていたトラブルは解決します。

 

暗くするだけでは電源は切れていない、再起動にはなっていない事を知っておきましょう。

 

iPhone スリープボタン

 

 

iPhone 再起動本体再起動で治る症状は?

 

以下のような症状は、本体の再起動で高確率で治ります。

 

 

メモリ不足が原因でアプリが落ちている場合、再起動せずに再びアプリを起動すると、ますます状況が悪化します。

(落ちるたびにメモリにゴミが貯まっていきます)

調子が悪いと思ったら、慌てず騒がず本体の再起動を行いましょう。

 

通信ができない、サウンドにノイズが入るといった症状も、再起動で改善される場合があります。

 

 

SITE PV