iphone

Smash Club レビュー

Smash Club: Streets of ShmeenisSmash Club: Streets of Shmeenis
横スクロール格闘アクション
Mooff Games(香港)
本体無料、課金・任意動画広告あり
レビュー公開:2017/3/10
iPhone

個性的なキャラが殴り合う大乱闘格闘ゲーム

名作のネタを満載したゲームを作っている香港のメーカー Mooff Games が、多数のキャラが乱闘する横スクロールの格闘アクションゲームを公開しています。
Smash Club: Streets of Shmeenis」です。

今回も「ファイナルファイト」や「熱血硬派くにお君」など、過去の名作ゲームを思い起こさせるシーンや技が散りばめられています。
ゲーム自体は人気作 Super Boys に似ていて、キャラクターも共通。
ストーリー的にも Super Boys の後日談となっています。

ただ、スマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズ)がベースだった前作と違い、ファイナルファイトのような「ベルトスクロールアクション」なので、奥行きがあり、ザコが多数出るステージが多め。
また、キャラクターはカクカクしたマインクラフト風デザインに変わっています。

アプリ本体は無料で、ゲームが有利になる「プレミアム アップグレード」の課金がありますが、利用しなくても普通に遊べます。
スタミナもなく、ガチャはありますが課金で行うものではありません。

Smash Club
Smash Club 裏路地

画面左側をスライドして移動、Aボタン連打で攻撃、Bボタンでジャンプ。
Aボタン長押しやXボタンで特殊技を出し、Yボタンで必殺技を出します。
ただし、Xボタンの特殊技や必殺技には待機時間があり、ゲージが貯まるまで使用できません。
Bボタンを2回押せば二段ジャンプが可能です。

ボタンの判定範囲が広すぎ、たまに特殊技や必殺技が暴発することもありますが、操作性は良好で、操作し辛さを感じることはほとんどありません。

主人公は彼女をさらわれた金髪の青年で、ファイナルファイトの如くザコをボコボコ殴り倒しながら、ストリートや地下鉄を進んでいきます。
ただ、途中から「くにお君」っぽくなっていき、敵がバイクで走り回ったり、組事務所に乗り込んで短銃を持つボスと戦ったりします。
この辺の名作ゲームのゴチャ混ぜ感が、このメーカーの良さでもありますね。

ボスを撃破して彼女を救い出せば、晴れてゲームクリア・・・ ではありません。
ここまではプロローグで、ここから様々なステージとキャラクターが登場する本編に入ります。

奥行きがなく段差がある「PLATFORM FIGHT」、全員で殴り合う「FREE FOR ALL」、1対1の格闘「1 ON 1 DUEL」、リング上に次々と敵が飛び入りしてくる「RUMBLE」など、様々な形式のステージが登場。
これまで通りの「MOB FIGHT」もあり、合計ステージは 40 以上。
しっかり楽しめるボリュームですね。

Smash Club 駅のホーム
※駅のホームでの戦い。 見た目はファイナルファイトですが、バイクが走ってきたり、ホームの端が欠けていて落下したり、巨体のスケバンが出てきたり、ゲーマーだとニヤッとしてしまう小ネタが満載です。

Smash Club スーパーマーケット
※奥行きがなくなる代わりに段差ができる「PLATFORM FIGHT」のステージ。
台の上には二段ジャンプで飛び移り、ガードはしゃがんで行います。
攻撃技も小足払い連打やスクリューパイルドライバーなど、既視感のあるものが。
ちなみに棚の上にいる赤ベストの犬男は、ビジランテの主人公のような技を使います。
ほとんど気付かれないであろう、マイナーなゲームのネタも散見できます。

敵を倒すとお金を得られ、武器の強化か、新キャラの入手を行えます。
キャラ入手はガチャですが、すでに述べたように課金ではなく、ゲーム内の資金で実行します。

キャラクター総数は 50 に及び、それぞれ通常技・動き・必殺技などが全て異なります。
好みのキャラを探して使う楽しみもありますね。

キャラクターには★1から★3までのレアリティがあり、これが編成コストにもなっています。
コスト上限が★4なら、★1を4人加えることも、★2を2人にすることも可能。
自分が操作していないキャラはコンピューターが操作し、擬似的な多人数プレイになります。
この辺は Super Boys と同じシステムですが、操作キャラの切り替えはなく、自キャラがやられたらその時点で敗北です。

コスト上限はプレイヤーレベル(Gang Level)が上がることで増加。
キャラクターにもレベルもあり、使用キャラはどんどん強くなっていきます。
強敵に出会っても、クリアできるステージを繰り返して鍛えれば何とかなるかもしれません。

ただ、結構しっかり「格闘ゲーム」なので、力押しだけでは限界があります。
飛び道具を持つキャラで離れて戦うなど、強敵相手だと「攻略」も必要。

やられた場合、1度だけコンティニューできますが、アイテムのハートを使うか、動画広告を見なければなりません。
ハートも(無課金の場合は)動画広告を見て補充するものです。
ただ、やられてもデメリットはなく、無条件ですぐリトライできるので、必須という程ではありません。

480 円の「プレミアム課金」をしている場合、★3キャラクターに加え、ステージクリアごとにハートを得られるようになります。

Smash Club キャラ選択画面
※まずは使用できるキャラを増やすのが先決。 ステージ開始前のキャラ選択画面で左上の「Random Draft」のボタンを押せば、キャラガチャを行えます。
キャラの性質は様々ですが、「手強いなぁ」と思った敵は、味方にしても強いです。
例えばこの P シャツの女性キャラは、敵だとやたら掴み技を使いますが、味方にしてもやっぱり敵を掴みまくってくれます。

Smash Club ステージマップ
※ステージマップ。 序盤ステージでボスを倒し、彼女を救出して「クリアだー」と思っていると、このマップのステージ数を見て愕然とする。
サッカー場、酒場、リング、トレーラーの上など、戦いの舞台もかなり豊富。

多人数でボコボコ殴り合うハチャメチャでシンプルな面白さがあり、ゲームの作りも相変わらず良く、誰でも楽しめる作品でしょう。
1対1のステージが結構難関ですが、適度な手強さがあるのも良さだと思います。

前作の Super Boys と比べても、スタミナが最初からなく(前作も途中で撤廃)、時間経過でキャラを鍛える要素もなくなり、ストレスなく楽しめるよう改良されています。
ここまでユーザーフレンドリーだと、儲からなさそうで逆に心配になりますが・・・
ともあれ、遊びやすくて良いですね。

没頭して楽しめる、イチオシの格闘アクションです。

Smash Club: Streets of ShmeenisSmash Club(iPhone 版、iTunes 起動)

※Youtube 公式 PV

このエントリーをはてなブックマークに追加

同種のアプリのリンク他の格闘アクションゲーム

Mooff Games定番の対戦格闘ゲーム

記事ランキング
管理人 Tweet
最新コメント
SITE PV