iphone

iPhone / iPod touch / iPad で
古い本体からデータを移行する方法

 

iPhone / iPod touch / iPad を買った際、古い本体を持っている場合は、データを新しい本体にそっくりそのまま移すことが出来ます。

このデータには 連絡帳、音楽、映像、写真、アプリ、ゲームのセーブデータ など全てのものが含まれます。

 

それには「バックアップから復元」を行います。

(単なる「復元」は初期状態(工場出荷時の状態)に戻すものです)

 

iPhone / iPod touch / iPad のバックアックデータはパソコンと、ネットワーク上のサーバーである「iCloud」のどちらかに保存できるようになりました。

iCloud を通してデータを移行する場合は、パソコンへの接続は必要ありません。

 

しかし iCloud を通したデータ移行は Wi-Fi で通信を行っている必要があります。

また、音楽や動画は復元できません。

パソコンを持っている人は、パソコンの iTunes を通して復元するのをオススメいたします。

 

以下はその手順です。

 

 

iTunes を通したデータ移行

 

  1. まずパソコンに、古い本体を接続して下さい
    そして iTunes の左側のメニューにある本体の名前を右クリックし、その中の「バックアップ」を選択します。
    iTunes でのデータバックアップ
    • もし iTunes の左側にメニューがない場合は、上部にある「表示」の部分をクリックして「サイドバーを表示」を選択して下さい。

  2. これでバックアップデータが作成されます。
    データ量に応じた時間がかかるのでしばらく待ちましょう。
    なお、データ容量がギリギリだと移行に失敗する場合もあるようです。
    不必要な写真や音楽、動画などは事前に削除しておいた方が良いでしょう。
    その方が作業にかかる時間も短縮されます。

  3. (携帯ショップで iPhone を買った人は、3と4の項目はすでに終わっているので、新しい本体をパソコンに接続し、iTunes を起動して、そのまま5に進んで下さい)
    バックアップが終わったら、新しい本体を起動します。
    初期設定を進めていくと、以下のような選択が現れます。
    バックアップから復元

     

    ここで「iTunes バックアップから復元」を選びます。

  4. (携帯ショップで iPhone を買った人は、この項目もありません)
    新しい本体をパソコンに繋げ、iTunes を起動して下さい。
    ユーザー登録を促す「○○へようそこ」の画面が表示されます。
    ここでは「後で登録する」を選んで下さい。 新しい iOS 機器の登録

  5. 「本体の設定」の画面が表示されます。
    ここでは「バックアップから復元」を選び、その横のボックスで先ほどバックアップしたデータを選択して下さい。
    (通常、最初から最新のバックアップデータが選択されているはずです)
    選択を確認したら「続ける」を押して下さい。
    新本体のバックアップからの復元設定

  6. データの移行(バックアップからの復元)が始まります。
    作業完了まで待ちましょう。
    待ち時間ですが、iPad(第3世代)に約 55 GBのデータを移行するのにかかった時間は 25 分ほどでした。(アプリや音楽ファイル込み)
    iPhone 5 の場合、基本データの移行は3~4分ほどで終わりますが、その後にアプリや楽曲、写真等のインストール作業が別に行われます。
    かかる時間はその量に左右されます。(30 GBで1時間ほどでした)
    作業時間には本体の性能なども影響します。

  7. 復元作業が完了したら、改めて新しい本体を起動して下さい。
    残りの初期設定を進める事ができ、最後に「設定が完了しました」の画面が表示されると、新しい本体が利用可能な状態になります。
    (携帯ショップで買った iPhone の場合は設定はすでに終わっています)

  8. データを「バックアップから復元」すると、本体の名前もコピーされます。
    しかしそのままでは同名の本体が2つになってしまうので、一方の名前を変更して下さい。
    ホーム画面が表示されたら「設定」のアイコンをタップし、「一般」を選択して、一番上の「情報」を選びます。
    すると最上部に「名前」と書かれている部分があるので、それをタップして任意のものに変更して下さい。
    iPhone / iPod touch / iPad の名前の変更
    ※携帯ショップで購入した iPhone は、これで移行作業完了です。

  9. 設定が完了した新しい本体を、改めてパソコンに接続して下さい。
    iTunes が起動して「○○へようこそ」の画面が表示されます。
    今度は「続ける」のボタンを押して、ユーザー登録の画面へ進みます。
    新 iOS 機器のアカウント登録へ

  10. ユーザーアカウントの登録画面になります。
    すでに利用しているアカウントの ID(メールアドレス)とパスワードを入力して、新しい本体をそのアカウントに登録して下さい。
    これですべての作業は完了です。

 

 

iCloud によるデータ移行

 

iCloud を通したデータ移行(パソコンを使わないデータ移行)を行う場合は、まず Wi-Fi でネット回線に接続しておく必要があります

 

また、iCloud のバックアップには音楽や動画は含まれません

これらは iTunes を通さないと復元できないので注意して下さい。

(iTunes で買った曲なら無料で再ダウンロード可能です)

写真やアプリのセーブデータなどはそのまま移行可能です。

 

以下は iPhone を Softbank か au のお店から買ってきたものとして、説明を進めていきます。

 

  1. まず古い本体を起動して「設定」のアイコンをタップして下さい。
    そして「iCloud」の項目を選択します。
    iCloud

     

    さらに、下の方にある「ストレージとバックアップ」を選択します。

  2. 下の方にバックアップの項目があります。
    もし「iCloud バックアップ」がオフになっているなら「オン」にします。
    そして一番下にある「今すぐバックアップを作成」を選択して下さい。
    これで最新のデータが iCloud のサーバーに保存されます。
    バックアップの完了までしばらく待ちましょう。iCloud によるバックアップ

  3. (本体を携帯ショップで購入していない場合は、この項目は必要ないので4に進んで下さい)
    新しい本体を起動して下さい。
    それが携帯ショップで買った iPhone の場合は、一旦「リセット」を行う必要があります。
    一般」のアイコンを選択し、一番下にある「リセット」を選択します。
    そして「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行して下さい。
    復元前のコンテンツと設定を消去

  4. リセット実行後、その iPhone は初期状態となります。
    言語や国を選択してから Wi-Fi に接続します。
    Wi-Fi に接続するためのパスワード(ネットワークキー)が必要なので事前に用意しておきましょう。

  5. 新規か、バックアップからの復元を行うかの選択が表示されます。
    ここでは「iCloud バックアップで復元」を選択して下さい。
    バックアップから復元

  6. 「iCloud サインイン」の画面が表示されます。
    iCloud 用の ID とパスワードの入力を求められますが、これは特に変更していない場合、Apple ID とそのパスワードと同じです
    以前の iPhone で使っていたものを入力して下さい。

  7. バックアップファイルの選択画面になります。
    最新のバックアップファイルを選び、右上の「復元」ボタンを押して下さい。
    自動的に最新のバックアップファイルが選択されているはずです。

  8. 復元作業が開始されます。 終わるまでしばらく待ちましょう。
    iCloud からの復元の場合、音楽ファイルや動画ファイルがなく、アプリは後で別途ダウンロードするので、この時に読み込むのは設定ファイルと各アプリのセーブデータのみです。
    よってそんなに時間はかかりません

  9. 復元が完了した後、再び iPhone を起動すると、Apple ID とパスワードの入力を求められます
    これはアプリのダウンロードを行うためです。
    入力後、自動的にアプリのダウンロードとインストールが始まりますが、量が多いとかなり時間がかかります。
    この時に待機状態のアプリをタップすると、そのアプリを優先します
    • もしインストールが未完了のアプリがある状態で本体の再起動を行ってしまうと、未完了のアプリが消えてしまいます。
      この場合、セーブデータもなくなってしまうので注意して下さい。

  10. データを「バックアップから復元」すると本体の名前もコピーされます。
    しかしそのままでは同名の本体が2つになって iTunes や iCloud で解り辛くなるので、一方の名前を変更しておきましょう。
    ホーム画面が表示されたら「設定」のアイコンをタップし、「一般」を選択して、一番上の「情報」を選びます。
    最上部に「名前」と書かれている部分があるので、それをタップして任意のものに変更して下さい。
    iPhone / iPod touch / iPad の名前の変更

  11. アプリのダウンロードが終われば、iCloud による復元は完了です。
    前述したように音楽や動画は iCloud では移行できないのですが、iTunes で購入したものなら後で自動的にダウンロードさせる事が可能です
    「設定」の「iTunes Store/App Store」を選び、自動ダウンロードの「ミュージック」を「オン」にしておいて下さい。
    購入済み項目の自動ダウンロード

 

 

データ移行後の古い iPhone の扱いについて

 

データ移行後、古い iPhone はそのまま iPod touch として使えますが、もしそれを他人に譲りたい場合は、必ず「リセット」してからにしましょう。

新規に iPhone を購入し、古い本体を下取りして貰う時も、古い本体は自分でリセットしておく必要があります。

 

「設定」の「一般」のアイコンを選択し、一番下にある「リセット」を選択。

すべてのコンテンツと設定を消去」を実行して下さい。
復元前のコンテンツと設定を消去

 

もし「アプリや保存データを消したくないからリセットはしたくない。でも家族や知人が使えるようにしたい」という場合は、iCloud アカウントの削除と変更だけでも行っておいて下さい。

 

これを忘れると古い本体で行った変更が新しい本体側にも適用されてしまい、最悪「連絡帳」などが変わってしまうことも起こり得ます。

 

まず新しい使用者の Apple ID とパスワードを作成しておきましょう。

パソコンの iTunes の「Store」か、iPhone の設定の「iTunes Store/App Store」の Apple ID をタップして、一旦「サインアウト」を選択して下さい

すると「Apple ID の作成」のボタンが現れます。

 

Apple ID の新規作成が出来たら、「設定」の「iCloud」を選択。

その一番下にある「アカウントを削除」を選択して下さい。

 

iCloud アカウントのリセットと変更

 

「アカウントを削除すると、iCloud に保存されている~」という警告が表示されますが、実行しても iCloud に保存されているデータが消える訳ではないので、削除を行いましょう。

 

その後、その iPhone にある連絡帳やカレンダーのデータをどうするかの選択が出るので、「iPhone に残す」「iPhone から削除」のどちらかを選びます。

 

その選択後、iCloud の画面で Apple ID とパスワードの変更が出来るようになるので、その iPhone の新しい使用者の Apple ID とパスワードを入力します。

これで、その iPhone のデータが iCloud を通して新しい iPhone に影響する事はありません。

 


 

お店に iPhone に詳しい店員さんがいるなら、データ移行作業を手伝ってくれるかもしれません。

しかし iPhone に関しては、店員さんはあまり頼りにならない場合が多いです

(iPhone を扱っている期間の短い docomo や au のお店だと尚更です)

 

またデータ移行は失敗すると大変な事になり、ヘタすると賠償責任などの話になってしまうため、基本的にはどのお店でも移行作業は断るようです

 

難しいものではないですが、自分でやるものだと考えておきましょう。

 


 

こうした大きなデータの移動や削除を行うと、「その他」に分類されるファイルの量が非常に大きくなる場合があります。

 

iTunes の「その他」のファイル

 

これは「その他」には削除中のファイル(正確には削除フラグを付ける処理を行っている最中のファイル)が含まれているためです。

時間が経てば削除された分は消え、正常な数値に戻りますので、心配する必要はありません。

 

なかなか「その他」が消えず心配な場合は、本体を再起動すれば本来の数値に戻るはずです。

 

SITE PV