iphone

FEZ Pocket Edition レビュー

FEZ Pocket EditionFEZ Pocket Edition
アクションアドベンチャー
Polytron(カナダ)
価格 600 円、買い切りアプリ
レビュー公開:2017/12/21
iPhoneSteam

「日本のゲームはクソ」の作者のゲーム

二次元の世界の住人が、世界を三次元で見る力を手に入れた時、未知の冒険が始まった。
移動は平面、世界は立体、2.5 D の人気アクション・アドベンチャーゲームがスマホ / タブレットに移植されました。
FEZ Pocket Edition」です。

FEZ

それは 2012 年3月にアメリカで開催された、インディーズゲームを題材とした映画のパネルディスカッションでの出来事でした。

ある日本人開発者が、映画のプロモーションに日本のゲームが多く登場したことについて「大変誇りに思います。最近の日本のゲームについてどう思われますか?」と発言したところ、FEZ の開発者の Phil Fish 氏はこう答えました。

クソだな」(Your games just suck)

会場からは笑いやどよめきが起こり、そして不穏な空気に包まれ、しばらく騒然となります。
この出来事は国内外のメディアで大きく伝えられ、特に日本では FEZ のゲーム内容よりも、この話題が先行する形となりました。

ただ、全体としては否定的な意見はあまり見られなかった印象です。
なぜなら当時はグリーとモバゲー(DeNA)によるソーシャルゲーム、それも初期の「ポチポチゲー」の全盛期であり、そのガチャ商法が社会的にも問題なり始めた頃。
一方で専用ゲーム機でも、FF13 の一方通行すぎるシステムが国内外で議論を呼んでいました。

当時の「最近の日本のゲーム」について尋ねた返答としては、決して的外れとは言えなかったでしょう。
まあ、この方は他にも過激な発言が多く、トラブルを繰り返しているため、単にそういう性格なだけの気もしますが。

前置きが長くなりましたが… FEZ はその「日本のゲームはクソ」と言い放ったカナダの開発者の作品です。
2012 年のインディーズゲームの表彰(IGF)で大賞を受賞し、2013 年には 100 万本を達成した非常に評価の高いゲームです。

価格は 600 円。買い切りなので課金やスタミナ、広告等はありません。
メッセージはオプションで日本語にできますが、初期設定は(日本語環境で起動しても)英語のままなのでご注意下さい。

FEZ Pocket Edition
FEZ Pocket Edition

いわゆる「ジャンプアクションゲーム」です。
ただ、スーパーマリオのような横スクロールではありません。
多くのステージは縦長で、段差を飛び移ったり、よじ登ったりしながら世界の探険を行います。
敵はおらず、戦闘はありません。

主人公は 2D(平面)の世界の少年です。
彼らには「奥行き」は存在しません。

しかし物語の冒頭で 3D(立体)の力を手に入れ、横フリックで世界を「回転」させられるようになります。
これにより、地形の側面や裏側に回り込むことができます。

でも、彼はあくまで二次元の人であるためか、移動の際に奥行きを考慮しません。
そのため、本当は奥にある床に着地したり、ハシゴに飛び付いたりできます。
例えば、以下のような感じです。

FEZ Pocket Edition ハシゴ正面
※ハシゴが3つ並んでいる。しかしそれぞれの位置は離れている。
これでは上まで登れないが…

FEZ Pocket Edition ハシゴ横視点
※視点を回転させて横から見ると、3つのハシゴが繋がっているように見える。
繋がっているように見えるのであれば、奥行きのない彼にとっては、実際に繋がっている。
このままハシゴを登って上まで行くことができる。

視点の回転を使って、まるで錯視トリックのような移動を行うことができます。
一見離れていても、視点を変えれば近くになったりします。
これを活用して先に進む道を見つけて行きます。

もし誤って落下しても、デメリットなしで直前から再開できます。
シーンによってはジャンプの細かい操作が必要で、タッチパネルであるため操作性が気になることもありますが、オートセーブはかなり頻繁に行われミスってもほぼその場から復帰できます。
おかげでほとんどストレスにはなりません。

ゲームの目標は世界に散らばっている「キューブ」と呼ばれる立方体を集めること。
キューブには大きいものと小さいものがあり、小キューブは8つで大キューブ1つ分になります。

世界は広く、複雑に絡み合っていますが、自由に行き来できます。
各所に豊富な仕掛けがあり、謎解きアクションと言えますね。

FEZ Pocket Edition ナットで移動
※取っ手でナットを固定して、画面を回転させることで上下に移動できるしかけ。
回転を利用したユニークなしかけが豊富に登場します。

FEZ Pocket Edition 鉱山と爆弾
※鉱山風の洞窟で爆弾を発見。
爆弾や箱はハンドボタンで持つことができます。
箱は足場にする以外に、スイッチを押すなど、様々な使い道があります。

FEZ Pocket Edition ワールドマップ
※ゲームが進むとワールドマップを確認できるようになります。
各エリアの繋がりだけでなく、未回収のキューブや謎がどこにあるかも確認可能。
アイテム回収済みのエリアは金色に変わります。

森のような世界が多いのですが、場所によっては薄暗い遺跡、廃墟の街、雨の降る神殿なども登場します。
キャラクターが可愛らしく、気味が悪い訳ではないのですが、正体不明の世界を彷徨う様子には得も言えぬ不気味さもあります。
こういうゲームはカルト的な人気を持つため、それも高評価に影響している気がします。

キューブは扉を開くカギにもなっていて、集めることで新たなエリアに向かうことができます。
とりあえず、16個の大キューブが必要な扉を開くのが最初の目標でしょう。

世界の各所には「謎」(シークレット)も隠されています。
例えば、鐘を特定の回数鳴らしたり、背景のヒントを元にコマンド(キー操作)を入力したり…
場所によっては QR コードを読み込む時も。

そうした謎を解明すると、紫の「アンチキューブ」を得ることができます。
これもキューブの代わりになり、手に入れれば通常のキューブをいくつか見逃してもオールクリア可能になります。

難点は、暗号はアルファベットなので、日本人だと解読困難なことでしょうか…
まあ、アンチキューブは無理に手に入れなくてもクリアできますが。

FEZ Pocket Edition 墓のエリアと彫像
※ちょっと不気味な墓の世界。
ここにある彫像はバラバラの方向を向いていますが、ハンドボタンで掴んで地形を回転させ、すべて同じ方向に向けると…

FEZ Pocket Edition アンチキューブ
※とある部屋でアンチキューブゲット。見つけるとクリアがラクになります。
この部屋は背景の絵の帽子の位置がヒント。
ただ、アンチキューブの発見は必須ではないし、特定のアイテムがないと見つからない場合もあるので、よく解らない時は気にせず進みましょう。

FEZ Pocket Edition 滝のエリアの扉
※紫の滝の流れる大扉のあるエリア。
ここの扉はキューブをたくさん集めていないと開かない。
この先に行くのが目標となります。

こういう言い方は何ですが… 大言を吐くだけのクオリティーを持つ作品です。
細かいところまで丁寧に作られたゲームで、各シーンのバランス調整もしっかり行われている印象。
演出や雰囲気も良く、素晴らしい完成度ですね。

戦闘のない探索アドベンチャーであるため、やや淡々とした展開で、盛り上がりに欠けるところもありますが、シーンが豊富で飽きの来ない探索を続けられます。

ボリュームも十分で、お勧めできるアプリです。

FEZ Pocket EditionFEZ Pocket Edition(iPhone 版)

FEZ(PC版、Steam へ)

※Youtube 公式 PV

このエントリーをはてなブックマークに追加

同種のアプリのリンク他のアクションアドベンチャー

記事ランキング
管理人 Tweet
最新コメント
SITE PV