iphone

Gorogoa レビュー

GorogoaGorogoa
インタラクティブアート アドベンチャーゲーム
開発:Jason Roberts / Buried Signal (アメリカ)
販売:Annapurna Interactive (アメリカ)
価格 600 円、買い切りアプリ
レビュー公開:2018/2/12
iPhoneSteam

ゲームという体裁のインタラクティブ絵本

少年が見かけた奇妙な生き物。辞典には、それに捧げ物をする人々が描かれている。
興味を持った少年は、捧げ物を探す旅に出た。
それは折り重ねられた、多層世界への旅だった。

手書きによる繊細なビジュアルと、奇妙なストーリー、斬新なシステムを持つ、不思議な大人向けの電子絵本が公開されています。
Gorogoa」です。

Gorogoa

いかにも Apple 好みの芸術的な作品。
原作者のジェイソン・ロバーツ氏は Apple や Yahoo! に在籍していたという作家さんで、いくつかの絵本や伝記を出版しています。
これはそんな彼がゲームというメディアを利用して作り上げた、電子絵本と言える作品です。

よってゲームと言うよりインタラクティブ・アート(参加型芸術)。
ただ、プレイ感としては脱出系のような謎解きゲームであり、中盤以降はなかなか手強い謎が待ち受けています。

昨年末に発売された作品で、PC(Steam)版もありますが、電子絵本ですから iPad でのプレイが一番合ってますね。
先日 Nintendo Switch 版も公開されました。

価格は 600 円。買い切りゲームなので課金・広告・スタミナ等はありません。
販売は Flower も担当していた Annapurna が行っています。

Gorogoa
Gorogoa

まずは町中を奇妙な生物が歩く、1枚の動画が現れます。

動画が止まると、ボタンでそれをズームアウトすることができます。
すると窓からそれを見ている少年が現れます。

Gorogoa 冒頭シーン

少年は辞書で生物のことを調べ始めます。
辞書のページをタップすると、そこにズームイン。

辞書の内容を調べて元の画面に戻ると、画面が4分割され、絵を動かせるようになります。
そして最初の絵を動かすと、全体が動くのではなく、「窓枠だけが」外れます。

Gorogoa 枠を取り外す

この窓枠を適当なところに置いてタップすると、絵が動いて物置にいる少年の姿が映し出されます。

窓枠を取った元の画像を動かそうとすると、今度は扉のある町の風景が外れ、その奥から草むらの中の建物が現れます。

Gorogoa 枠を重ねる

扉のある町の風景を物置の少年の絵に重ねると、少年が扉をくぐり、その町の絵に方に移動。

さらにそれを草むらの絵に重ねれば、草むらのシーンへも移動させられます。

Gorogoa 絵を移動する

こうして絵を外し、動かし、少年を別の絵に移動させながら、物語を進めていきます。

動画を並べ替えて正解を探す点は FLAMED に似ています。
しかしこのゲームはもっと複雑で、先に進むと複数の絵を上下左右に並べたり、重ね合わせる順番を工夫しなければならないこともあります。

絵をタップするとズームできる場所が光って教えてくれますが、どのズームのシーンをどの絵に組み合わせれば良いのか、どのシーンなら絵を分離できるのか、試行錯誤が必要。

序盤はサクサク進むのですが、中盤からはちゃんと考えないと、なかなか手順を見つけられません。
総当たりで試そうとするより、推測しながらプレイした方が、結果的に早く進められるでしょう。

このように、かなり「謎解きゲーム」感が強く、単なる雰囲気ゲーという訳ではありません。

Gorogoa ランプのシーン
※夜空の星に、中の空いたランプを重ねると灯りが点く。
穴あきしかけ絵本を、そのまま謎解きゲームに応用したような作品です。

Gorogoa 石が転がるシーン
※絵を上下に並べると繋がるしかけ。
ここは箱から石が落ちてきて、それが下に転がっていく前に並べ替える、スピードが必要なシーンです。

しかしこのゲームの最大の魅力と特徴は、その雰囲気とビジュアルでしょう。
作者が1枚1枚、手書きで丁寧に書き上げたイラストには素朴な良さがあります。

一方でストーリーは不可思議で、正直、全体像はハッキリしません。
ただ、バラバラという訳ではなく、繋がりがあるのは感じられます。
文字やセリフが一切出てこないゲームなので、言語の問題はありません。

クリアまでの時間は、謎で悩んでいる時間を含めても2時間ほど。
しかし終わった時には「謎の感動」と、満足感を得られることでしょう。
鬱ゲーではないので、後味が悪いといったことはありません。

ショートストーリーと言え、ストレートに進んでしまうとアッサリ終わってしまいます。
ですからこのゲームは謎が解らなくても、できるだけ解答を調べたりしないのをお勧めします。

Gorogoa 男たち
※少年だけでなく、戦災者、書斎の男、街に住む人など、様々な人物が現れます。
彼らは共通して謎の生物を追っているようですが…

Gorogoa 遺跡と巡礼者のシーン
※巡礼者と遺跡のシーン。ここは絵が多すぎて難しい。
ヒントを言ってしまうと、砂漠、森、山の順に処理していきます。

今までになかった表現とシステムの作品で、ショートストーリーの雰囲気ゲーに 600 円というのは払い辛いと思いますが、十分にその価値のある内容だと思います。
ちなみに Steam や Switch 版は 1500 円なので、iOS 版が一番お得です。

絵本と言っても子供向けではないし、謎解きゲームなので本とは違いますが、数あるデジタル絵本を志すアプリの中で、現時点でもっとも優れた作品ではないでしょうか。

GorogoaGorogoa(iPhone 版、App Store)

Gorogoa(PC版、Steam へ)
Gorogoa(Nintendo Switch、DL 版)

※Youtube 公式 PV

このエントリーをはてなブックマークに追加

同種のアプリのリンク他のインタラクティブ・アート系アプリ

記事ランキング
管理人 Tweet
最新コメント
SITE PV