iphone

なくした iPhone を探す方法
(iPhone:物理的な故障や修理)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

iPhone を探すiPhone がどっかいった! どうしよう!

回答「iPhone を探す」の機能を使いましょう

 

iPhone が家の中でなくなった時は電話をかけて着信音を鳴らせば良いのですが、外出中に無くした場合や、電話をかけられない iPad や iPod touch を無くした時は「iPhone を探す」の機能を使いましょう。

 

ただし、本体の「iPhone を探す」機能がオンになっている必要があります。

これは「設定」アプリの「iCloud」を選択し、画面を下の方に移動させれば見つかります。

念のため、オフの人はオンにしておいた方が良いでしょう。

 

iPhone を探す

 

無くした本体の「iPhone を探す」がオンなら、他の iPhone や iPad の「iPhone を探す」アプリを起動して、Apple ID とパスワードでサインインして下さい。

もしくは パソコンの iCloud ページ にサインインして、「iPhone を探す」機能を使用します。

 

「iPhone を探す」アプリは App Store で無料で公開されています。

もし未入手の方は ストアでダウンロード して下さい。

(iOS10 以降は標準でインストールされています)

 

もし「iPhone を探す」アプリが iPhone や iPad のどこにあるのか解らなくなった時は、画面の最上部を下にスライドして検索窓を出し、そこに「iPhone を探す」と入力して下さい。

 

ただし iOS9 以前の場合、なぜか英名の「Find iPhone」で検索しなければ出てこないので注意して下さい。

(iOS10 以降は英語の「Find」でも日本語の「探す」でも見つかります)

 

iPhone を探すを検索

 

「iPhone を探す」機能にサインインすると、その Apple ID で使用している本体の一覧と場所が表示されるので、無くした本体を選択して下部にある「アクション」をタップ。

サウンドを再生」を選びます。

 

iPhone を探すのサウンド再生

 

すると無くした本体から「ピンピンピン…」という潜水艦のソナーのような、高い音が鳴り始めます。

これを頼りにどこにあるか探しましょう。

 

もし無くした本体の所在が、外出先であった場合は・・・

次の「iPhone 落とした!」の項目をご覧下さい。

 


 

アプリ関連トラブル故障、物理的トラブルの関連ページ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV