iphone

Wi-Fi(ワイファイ)って何?
(iPhone:通信関連の問題)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

Wi-Fiそもそも「わいふぁい」ってなに?

回答無線でインターネットに繋げる技術です

 

「Wi-Fi」(ワイファイ)とは、無線でインターネットに接続する技術です。

無線 LAN」(むせんラン)も同じ意味だと思って構いません。

 

「遅い通信=電話回線」「早い通信=Wi-Fi」だと思っている人もいますが、実際には早い遅いは関係ありません。

電話ができて広い範囲で使えるのが電話通信(3G、4G、LTE)で、電話はできないけど近くにある無線機に繋げて、高速にネット通信できるのが Wi-Fi です。

 

Wi-Fi を利用するには、インターネットに繋がっている「Wi-Fi ルーター」が近くになければなりません。

これは無線の「親機」であり、スマホやタブレットは「子機」になります。

 

Wi-Fi ルーターが電波を飛ばしているのですが、どのぐらいまで電波が届くのかは Wi-Fi ルーターの性能と障害物の有無によります。

電波が弱い、距離が遠い、混線しているなどの理由で、Wi-Fi でも通信が遅いことはあります。

 

Wi-Fi の電波と電話の電波は別のものなので、Wi-Fi がどんなに使われても、電話回線の混雑には影響しません

電話回線でインターネット(モバイルデータ通信)を行っていると、回線に大きな負荷をかけるため、電話が混雑する原因になります。

そのため各携帯電話会社は、電話回線のデータ通信量に上限を設けています。

しかし Wi-Fi なら影響を及ぼしませんから、制限は存在しません。

 

Wi-Fi に接続するには「設定」アプリで「Wi-Fi」を選び、繋げたい Wi-Fi の名前(ネットワーク名、SSID)を選択、その後にパスワードを入力します。

パスワードを知らない Wi-Fi の電波には、通常繋げられません。

(パスワードを知らなくても使える「公衆無線 LAN」については こちら を)

 

一度繋げたことがある Wi-Fi には、その Wi-Fi の電波が届く場所に行くだけで、自動的に接続されるようになります。

 

iPhone Wi-Fi 画面

 

駅や町中などに行くと多くの Wi-Fi の名前が出て来ると思いますが、名前が出ているだけで、それら全てに接続されている訳ではありません。

 

接続される Wi-Fi は常に1つだけで、繋げたことがない Wi-Fi に自動で繋がることはありません。

よって Wi-Fi の電波がたくさん表示されていても、気にしなくて大丈夫です。

 

Wi-Fi の電波にはいくつかの種類があります。

速度が遅めの IEEE 802.11b、もっとも一般的な IEEE 802.11g

b や g とは周波数が違うため混雑しにくい IEEE 802.11a

a と g を改良して高速に通信できる IEEE 802.11n

n をさらに改良してもっと速く通信できる IEEE 802.11ac があります。

 

ただし、n や ac を使うには、それに対応した Wi-Fi ルーターが必要です。

また、a は iPhone 5 以降、もしくは iPad 第3世代 / iPod touch 第5世代以降でないと利用できません。

ac は iPhone 6 以降、もしくは iPad Air 2 / iPod touch 第6世代以降である必要があります。

 

一般的に Wi-Fi の電波名には A や G などの記号が入っていて、どの種類か判別できるようになっています。

利用できない電波は iPhone の Wi-Fi のリストには表示されません。

 

ちなみに b と g は 2.4 GHz の電波を使っていますが、これは Bluetooth や 無線キーボードなど、色々な機器で使っている電波のため干渉しやすく、電子レンジにも弱いです。 ただ、障害物には強いです。

a と ac は 5 GHz の電波を使っていて、干渉しにくいですが、障害物に弱め。

n は両方に対応していて、どちらの電波を使うかはルーターの設定によります。

 


 

本体再起動について通信に関するトラブル 関連ページ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV