iphone

iPhone / iPad のトラブル対処法
iPhone 初心者によくある疑問

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」コーナーの1ページです。

ここでは iPhone の初心者にありがちな疑問と、その解決法をまとめています。

初めて iPhone を使う人は参考にして頂ければと思います。

 

他のトラブルについては 索引ページ をご確認下さい。

 

 

iPhone 初心者によくある疑問

 

電話電話が切れない! 切ったのに通話中って出てる!

 

これは iPhone を持った人が一度はやるミス。

iPhone で電話を切るには、画面に表示されている「赤い受話器マーク」を押さなければなりません。

もしくは電源ボタン(スリープボタン)を押します

 

iPhone 電話を切るボタン

 

もし通話中にホームボタン(画面の下にある丸いボタン)を押すと、ホーム画面に戻りますが、電話は切れていない状態になります。

これは通話を維持したまま、アプリなどを使えるようにしているためです。

 

通話が維持されている間は、画面上部が緑色になっています。

ここを押すと電話画面に戻れるので、戻ってから赤い受話器ボタンを押して電話を切って下さい。

もしくは電源ボタン(スリープボタン)を押して切りましょう。

 

通話継続中

 

iPhone がロックされている場合は、通話中にホームボタンを押すと、画面に通話相手の名前が表示されます。

この名前をタップすれば電話画面に戻れます。

 

とにかく「通話中にホームボタンを押しても電話は切れない」というのを覚えておきましょう。

 

 

電話間違って電話かけちゃう! 履歴見たいだけなのに!

 

電話の履歴画面で相手の名前を押すと、その瞬間に電話をかけてしまいます。

確認もなくいきなりかけるので、iPhone 初心者だとミスしがちです。

 

電話をかけてきた相手の情報を確認したい場合は、右端にある丸印に i のマークを押して下さい。

 

iPhone 電話履歴画面

 

これで、いつかかってきたのか、どれだけ話したのかを確認できます。

その相手が連絡帳に登録してある人なら、その情報も表示されます。

 

 

電卓電卓はどこ? or コントロールセンターってなに?

 

電卓は「計算機」という名前のアプリになっています。

(電卓で検索しても出てきません)

 

ただ、アプリを探すより「コントロールセンター」から呼び出した方が早いです。

最下部を上にスライドすると、様々な機能を呼び出せるコントロールセンターという操作パネルが出てきます。

 

コントロールセンター

 

電卓は、下に並んでいるボタンの右から2番目を押すと起動します。

 

電卓を使用中、画面を横に傾けると関数計算用のボタンが出てきます。

 

iPhone 電卓

 

関数電卓は特定の職種の人でないと使わないと思いますが・・・

以下のメモリー機能を知っておくと、普段の計算でも便利です。

 

m+:表示されている数字を「メモリー」に足す。

m-:表示されている数字を「メモリー」から引く。

mr:「メモリー」の数字を呼び出す。

mc:「メモリー」の数字を0にする。

 

最初は0なので、m+を押せば表示されている数値がそのまま入ります。

メモリーに数字があるとmrのボタンに黒枠が付きます。

 

 

サイレント機内モードマナーモードはどこ? or 機内モードって?

 

音が鳴ってはダメな場所で、着信音などを一時的にオフにするモードは、日本では「マナーモード」と呼ばれます。

しかし iPhone では「サイレントモード」という呼び名になっていて、これは日本のユーザーがよく迷う点です。

 

サイレントモード(マナーモード)は、本体の左側面の上部、音量ボタンの上にある「サイレントスイッチ」で切り替えます。

これが上なら音が鳴り、下なら音が鳴らない状態になります。

切り替えると画面にもサイレントモードになったことを示す表示が出ます。

 

サイレントスイッチ

 

サイレントモード(マナーモード)中でも、カメラのシャッター音とアラームだけは鳴るので注意して下さい。

サイレントモード中に着信があるとバイブレーション(振動)で知らされます。

イヤホンの音は普通に聞こえます。

 

また、初心者だとよく「マナーモード」を「機内モード」と間違う人がいるのですが、機内モードは「通信を切るモード」であって、音は鳴ります。

マナーモードではないのでご注意下さい。

 

飛行機の中など、通信機器の使用が禁じられている場所でも、機内モードを ON にしておけば使用することが出来ます。

これは画面最下部を上にスライドすると出て来る「コントロールセンター」の、左上にある「機内モード」のボタンでオンオフできます。

もしくは「設定」アプリの一番上にある機内モードのスイッチでオンオフします。

 

コントロールセンター 機内モード

 

機内モード中は一切の通信が遮断されるため、ウェブサイトやメールを見たり、LINE や Twitter を使ったり、通信を行うゲームをすることは出来ません。

電話回線も切られるため電話も使えず、GPS も機能しません。

 

病院などの通信も音も消すのが望ましい場所では、サイレントモードと機内モードを両方併用しましょう。

(最近の病院は通信は OK になっていますが、診察室では切って下さい)

 

 

懐中電灯懐中電灯の機能ってどうやって呼び出すの?

 

カメラのフラッシュ(LED フラッシュ)を点けっぱなしにして、懐中電灯の代わりにすることが出来ます。

 

画面最下部を上にスライドして「コントロールセンター」を表示し、左下にあるライトのボタンを押して下さい。

 

コントロールセンター ライト

 

ライトは iPhone をスリープさせても(電源ボタンを押して画面を消しても)点きっぱなしなので、使い終わったらオフにするのを忘れずに。

 

 

ぷるぷるアプリの削除方法は? or 急にぷるぷるしだした!

 

iPhone の画面に並んでいるアイコンが、突然一斉にプルプルと揺れ始める・・・

その様子にえも言われぬ恐怖を感じるのは「iPhone 初心者あるある」です。

 

アイコンを長押しすると、全てのアイコンが「ぷるぷる」し始めます。

この状態でアイコンを動かすと、位置を変えることが出来ます。

アイコンに付いている「×」のボタンを押すと、そのアプリを削除できます。

 

さらに、アイコンを他のアイコンに重ねると、複数のアイコンを入れられる小箱が作られます。 これは「フォルダ」と呼ばれます。

 

iPhone フォルダ

 

フォルダの中に 10 以上のアプリを入れると、2ページ目が作られます。

ページはホーム画面と同じく、左右にスライドすることで切り替えられます。

 

「ぷるぷる」状態を解除するのは、ホームボタン(画面下の丸いボタン)を押して下さい。

フォルダの中から戻るのもホームボタンです。

 

なお、最初からある基本アプリは削除できません。

削除できないけど使わないアプリは、適当に作ったフォルダの中に放り込んでおきましょう。

 

 

検索アプリがどこいったか解らない!(検索機能)

 

アプリがどこにあるか解らない時は「検索」で探すことが出来ます。

ホーム画面を下にスライドすると、最上部に検索窓が出てきます。

ここに探したいアプリの名前を入力すれば、リストに表示されます。

 

検索画面

 

アプリだけでなく、メールや音楽なども検索できます。

また、未入手のアプリも App Store から探してきてくれます。

 

ただし検索に使う語句と、一般のアプリ名や呼び名が異なる場合があります。

例えば電卓は「計算機」と入力しないと出て来ません。

「iPhone を探す」のアプリは「Find iPhone」が検索時の登録名です。

検索しても出て来ないアプリがあったら、別の呼び名を使ってみましょう。

 

 

iTunes StoreApp Store音楽やアプリはどうやって買うの?

 

音楽は「iTunes Store」というアプリで購入します。

「ミュージック」という名前のアプリがあるため、これで買うのかと思いがちですが、これは買った曲を聴くものです。

ミュージックアプリからストアに移動することは出来ません。

 

アプリは「App Store」で購入します。

こちらも「アプリ」という名称が入っていないため、初心者には解り辛いので注意して下さい。

 

iTunes Store & App Store

 

楽曲を聴けるサービスには「Apple Music」というものもあります。

これは好きな曲を購入することなく、自由に聴けるサービスですが、月額制であり月 980 円かかります。

曲を本体に保存する事も出来ますが、解約するとその曲は本体から消されます。

 

Apple Music は曲を買うのではないため、iTunes Store は使いません。

「ミュージック」のアプリで利用し、契約 / 解約はミュージックアプリの左上にある人物マークのボタンから行います。

 

Apple Music

 

なお、こうした聴き放題のサービスは「音楽ストリーミングサービス」と呼ばれ、他にも「LINE Music」や「AWA」などが存在します。

 

 

Safari長いページで上に戻るのが大変なんだけど・・・

 

iPhone の画面の最上部、時間やバッテリー残量が書かれている部分をタップすると、画面が一番上に即座に戻ります。

 

iPhone 最上部をタップ

 

縦長のメニューやウェブサイト、メールなどを見ている時に便利なので、覚えておきましょう。

 

 

スクリーンショット画面を撮影する方法が知りたい

 

カメラ撮影ではなく、iPhone の画面を撮影することを「スクリーンショット」と言います。

 

iPhone のスリープボタン(電源ボタン)を押しながらホームボタンを押す(もしくはホームボタンを押しながらスリープボタンを押す)と、「カシャッ」というカメラ音がして、その時の画面が画像として保存されます。

撮ったスクリーンショット画像は、通常の写真と同じように「写真」アプリで確認できます。

 

スクリーンショットの撮り方

 

なお、電源ボタンとホームボタンの同時押しだと、電源ボタンが優先されて画面が消えてしまう場合が多いです。

昔は同時押しでも撮影できたのですが、最近の iOS ではうまくいきません。

どちらかのボタンを押しながら、もう一方を押す」ようにしましょう。

 

 

簡易アクセス画面がストンって下に落ちたんだけど!

 

ホームボタンを2回連続で触ると(押すのではない)、画面がストンと下に落ちてきます。

これは「簡易アクセス」と呼ばれる機能で、上の方まで指を持っていかなくても、画面の上部をタップできるようにするものです。

もう一度ホームボタンを2回連続で触ると元に戻ります。

 

iPhone 簡易アクセス

 

ただ、この機能はホームボタンに指が当たったり、押そうとしてうまく行かなかった時などに、意図せず発生し、操作の邪魔になることも多いです。

必要ない人はオフにしておいた方が良いでしょう。

 

「設定」アプリの「一般」を選び、「アクセシビリティ」を選択します。

そして下の方に画面を移動させると「簡易アクセス」という項目があります。

ここのスイッチをオフにすれば、この機能は働かなくなります。

 

 

地球儀使いたいキーボードをなかなか選べない・・・

 

キーボードを使う時、英字キーボードや絵文字キーボードなどに切り替える時は、左下にある地球儀のボタンを押します。

しかしなかなか思うキーボードに切り替わらなかったり、押しすぎて行き過ぎてしまうこともあります。

 

こういう時は、地球儀のボタンを押しっぱなしにして下さい。

キーボードの一覧が表示され、そこから使いたいキーボードをタップで選べます。

 

iPhone キーボード選択

 

また、キーボードの種類が多すぎると切り替えが面倒になります。

必要ないキーボードはオフにしておいても良いでしょう。

 

キーボードの追加や削除は、「設定」アプリの「一般」を選び、少し下の方にある「キーボード」を選びます。

さらに一番上にある「キーボード」の部分をタップして、右上の「編集」を押し、必要ないキーボードをマイナスボタンで削除して下さい。

追加したい場合は「新しいキーボードを追加」を選びます。

 

キーボードの追加と削除

 

 

電話パスコード画面の下にある「緊急」ってなに?

 

ロックされた iPhone を右にスライドすると、パスコードの入力画面になります。

この画面の下部に「緊急」という文字がありますが・・・

これは緊急事態の時に、ロックを解除せずに電話をかけるためのものです。

 

iPhone の「緊急」

 

例えば、その iPhone の所有者が突然倒れて意識不明になったとします。

近くにいる人がその iPhone で救急車を呼ぼうとしても、ロックがかかっていると解除しないと電話をかけられません。

しかし緊急ボタンを押せば、解除しなくても 119 番できる訳です。

 

こういう緊急時のための機能なので、普段は使うことはありません。

 

 

カメラカメラをすぐ起動するには?

 

通常はロックを解除して、カメラのアイコンをタップして起動するカメラ機能ですが・・・

ロック画面の右下にあるカメラのマークを上にスライドすると、ロックを解除しなくても素早くカメラを起動できます。

 

カメラアイコン

 

この方法を覚えておけば、とっさのシャッターチャンスの時でも、サッと撮影することができますね。

 

 

メールメールがなくなった or 削除したメールは戻せない?

 

メールの内容を下の方まで確認する時は、画面を上にスライドする訳ですが・・・

メール画面の中央最下部には、メールを削除するゴミ箱ボタンがあります。

これに誤って触れてしまうと、そのメールが消えてしまいます。

 

メールのゴミ箱

 

ちょっと触れやすい場所にあるので、ミスって大事なメールが消えないよう、くれぐれも注意して下さい。

 

ただ、削除したメールは「ゴミ箱」の中に入っているので、確認や復旧させることが可能です。

「メールボックス」の画面で右上の「編集」を押し、リストの中にある「すべてのゴミ箱」にチェックを入れ、右上の「完了」を押すと、メールボックスにすべてのゴミ箱が加わります。

このゴミ箱をタップすれば、削除したメールを確認できます。

 

戻す時は最下部にある左から2番目のボタン(フォルダのボタン)を押して、戻す場所を選択して下さい。

 

iPhone メールボックスにゴミ箱を追加

 

また、「設定」アプリの「メール / 連絡先 / カレンダー」を選択して、少し下の方に移動させると、メールの設定項目に「削除前に確認」があります。

これをオンにしておけば、誤ってゴミ箱ボタンを押しても即削除されることはありません。

 

 

メール通知メールの数字が貯まりまくり! 消せないの?

 

メールのアイコンには、未読メールの数を示す数字が付いています。

しかし迷惑メールや宣伝メールなどの、読む必要のないメールまでカウントされるため、どんどん貯まっていきがち。

気になる人は非表示にしておきましょう。

 

「設定」アプリの「通知」を選択し、リストの中から「メール」を選びます。

するとメールアカウントが表示されるので、カウントしたくないものを選び、「App アイコンにバッジを表示」をオフにして下さい。

 

メールアイコンの数字バッジを消す

 

手動でメールをまとめて既読にしたいときは、「メール」のアプリでメールアカウントを選択後、メール一覧画面で右上の「編集」を選びます。

そして既読にしたいメールにチェックを入れて、左下の「マーク」を選択。

「開封済みにする」を選んで下さい。

 

全メールを既読にしたい場合は、マークを付ける前に左下にある「すべてマーク」を選択してから「開封済みにする」を選びます。

 

メールの開封済み

 

 

Siriアラームやタイマーの使い方が解らない

 

「アラーム」や「タイマー」というアプリはなく、「時計」アプリの中に含まれています。 最初はやや気付きにくい点です。

ただ、これらの機能は時計アプリではなく「Siri」で利用した方が簡単です。

 

ホームボタンを押しっぱなしにして Siri(音声認識機能)を呼び出し、「タイマー3分」とか「6時半に起こして」と言いましょう。

Siri がそのタイマーやアラームをセットしてくれます。

 

Siri さんが目覚ましセット

 

アラームは普通、朝にセットされるので、夕方や夜に鳴らしたい時は「午後6時半に起こして」とか「18時30分にアラーム」と言いましょう。

 

設定したアラームは Siri に「アラーム解除」や「アラーム削除」と言えば、止めたり消したりしてくれます。

タイマーも設定や停止、再開などが可能です。

 

もっと細かい設定をしたい場合は「時計」アプリを起動しましょう。

時計アプリも Siri に「時計アプリ」や「時計を開く」と言えば起動してくれます。

 

Siri の使い方は こちらのページ でも解説しています。

 

 

時計アラームが止まらない! またすぐ鳴るんだけど!

 

iPhone のアラームは、画面をタップして止めても9分後にまた鳴ります。

これは二度寝を防止するために繰り返し鳴らす「スヌーズ機能」のためです。

完全に止めるときは画面を右にスライドしましょう。

 

iPhone スヌーズ

 

画面中央の「タップしてスヌーズ」を押したり、スリープボタン(電源ボタン)を押しただけだとスヌーズになります。

寝ぼけているとミスしやすいので注意して下さい。

また、ホームボタンは(iOS9 だと)反応しません。

 

もし iPhone を使用中にアラームが鳴った時は、中央に「アラーム」というウィンドウが現れます。

「スヌーズ」と「OK」というボタンが付いていて、OK を押せば止まります。

 

時計」のアプリを起動して、下部の「アラーム」を選択し、上部にある「」や「編集」のボタンを押せば、詳細なアラーム設定を行えます。

サウンドの選択や、スヌーズの有無も決められます。

 

時計アプリでのアラーム

 

 

iPhone 設定ガラケーみたいに着信時にピカピカ光らせたい

 

日本の携帯電話(ガラケー)は着信時にランプがピカピカ光るものが多く、これを iPhone にも求めている人は多いようです。

 

一応 iPhone でも、着信時にカメラのフラッシュを光らせることは可能です。

「設定」アプリの「一般」の中にある「アクセシビリティ」を選び、下の方にある「LED フラッシュ通知」を ON にして下さい。

 

これでスリープ中に着信があると、カメラのフラッシュが点滅します。

 

iPhone フラッシュフルパワー

 

ただし元がフラッシュなので、全力で光ります。

すごくまぶしいので悪しからず。

弱視者や難聴者のサポートのための機能で、ガラケーのランプような装飾的なものではないです・・・

 

 

SITE PV