iphone

パソコンの iTunes のデータ保存先を変える
(iPhone:PC と iCloud 関連の問題)

 

 

ここは「iPhone / iPad トラブル対処法」の1ページです。

他のトラブルについては 索引ページ をご覧下さい。

 

パソコンiTunes のファイルが PC の容量を圧迫する・・・

サイレントC ドライブ以外に保存しましょう

 

ダウンロードしたことのある音楽や動画、アプリ、それに関するデータなどは、すべてパソコンの「iTunes Media」フォルダの中に蓄積されていきます。

Windows 7 以降の場合、その場所は「C:\ユーザー\(ユーザー名)\ミュージック(もしくはマイミュージック)\iTunes\」の中になります。

 

もし iPhone や iPad にトラブルが起こっても、パソコンにデータがあれば復旧することが出来るのですが、そのサイズはどんどん肥大化していくため、パソコンのデータ容量を圧迫してしまいます。

 

iTunes をインストールしているドライブに十分な容量があるのなら気にする必要はありませんが、OS の入っている C ドライブを圧迫させたくないなどの理由で他の場所に保存したい時は、以下の設定を行って下さい。

 

まず、保存先に iTunes の中身を入れるフォルダを作っておきましょう。

名前は念のため「iTunes Media」にしておいた方が無難です。

 

その後、iTunes を開いて「編集」の最下部にある「設定」を選択します。

一般環境設定の画面が出るので「詳細」の歯車アイコンを選びます。

そして「iTunes Media フォルダーの場所」の横にある「変更」を押します。

 

iTunes Media フォルダの設定

 

あとはデータの保存先(先ほど作った iTunes Media)を指定するだけです。

なお、元の場所に iTunes フォルダが残っていますが、ここには iTunes の起動に必要なファイルがあるので削除しないで下さい。

 

iTunes をアンインストールしても、保存先の設定は保持されています。

再インストール後、改めて設定し直す必要はありません。

 

ただし、別のパソコンに iTunes のデータを移したい時には、この iTunes Media フォルダをそのままコピーすることになるのですが、ドライブ名は同じにしなければなりません。

(D ドライブを iTunes Media の保存先にした場合、新しいパソコンも iTunes Media の保存先を D ドライブにしてからコピーしないとエラーになる)

この点は注意して下さい。

 

(保存先を C ドライブに戻してからコピーすれば新しいパソコンに移行しやすくなりますが、この時は C ドライブにその分の容量が必要です)

 


 

iCloudPC 用 iTunes と iCloud の疑問&問題

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SITE PV